古市幸雄BLOG古市幸雄BLOG

ひとりごと

投資の大損分を返せという話

私の記憶が正しければ、米シティグループの株価がサブプライムローンの影響により大きく値下がりしたときに、アラブ系の投資家や団体が多額の投資をした。当時、日本の報道機関は「目ざとい投資」という報道をしていた。

ところが、当時、米シティグループに投資した連中は、今大損している。アブダビ投資庁、米シティに賠償請求 出資巡り損失被るという記事あり。その額約3,600億円。要は、「大損したからお金を返して」という要求。

報道なんていい加減。派手な話はすぐに飛びついて報道するが、その後のことは報道しないことが多い。日本でも、株式投資やFXで大儲けをしたという連中を取材しておいて、その後に大損して退場した連中はほとんど報道しない。

2009.12.17

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る