レビュー

ご利用者の声

  • ドキドキが止まらない感覚

「このたびも貴重な教材を開発していただきまして、誠にありがとうございます。今回の教材は、自らに誓って、一切のお世辞を抜きにして、過去最高レベルの教材です。

『目から鱗』とはまさにこのようなときに使うのか、と教材を聴いていて終始そう思いました。人の話を聴いて、ドキドキが止まらない感覚を味わうとは思いもしませんでした。

今どきな言い回しも含みますが、

  • 『えっ、まじか(本当か)』
  • 『脳に対する、今までの常識はなんだったのか。○○の方が!。。。』
  • 『自分に嘘ばっかりついてるわ』
  • 『自分、実は性格が悪いわ。性悪じゃん』
  • 『自分の心って他人に丸見えだった・・・』
  • 『手帳に書いたり、思っているくせに、いつまでたっても行動しないのはそういう理由か』
  • 『うわー、陰口叩いたり、愚痴ってたなあ』

など、いろいろな思いを反芻しました。

個人的なことをいうと、なぜ自分はお金や女性に執着するのか、なんとなく理由を知った気でいましたが、教材のどこかの部分をきっかけにして、自分の過去の出来事と心にヒットしたのか、『あっ、そうか』と気づけたことも、大変に大きな成果です。

おそらくは30年近く思い悩んでいた複数のことが、おかげさまで点と点で繋がりました。

教材の構成は、大きく4章に分かれていますが、一度、通しで聴いてみたところ、1章だけでも情報量が膨大で、わかりやすく話して頂いているのに理解が追いつかず、音声を一旦止めて、聴き直したり、1倍より遅くして聴いたりもしました。

古市先生の他の教材でそのようなことをした記憶が今までありません。そのぐらい情報が詰まっているのです。

情報量が多いため、ノートへの文字起こしに躊躇しましたがやってみました。結果として、やってよかったですが、ざっくり8時間近くかかり、ページ数でいうと、数えてみたら、B5ノートで約60ページになっています。見返してみると、とんでもない情報量と質です。

おそらく、ただ聴くだけでは、10回ぐらいは聴かないと整理して咀嚼しきれないかもしれません。また、腑に落とすためにも、聴くだけでなく、要点だけでも、ノートに手書きすることを強くお勧めします。

自分自身でやることによって、必ず心に響いて、腹落ちし、すぐに行動に移せるでしょう。もしそれでも腑に落ちず、行動に移せないならば、本当のバカ(失礼^^;)ですし、自己啓発からはきっぱり足を洗った方がいいです。

今回、関連本が10冊ぐらいあり、他の教材と比べて多いのですが、いくつかの関連本をチラ見する限り、難しい内容の本もあり、とてもじゃないですが、この教材で語られているように、複数のテーマを組み合わせて体系的な情報としてまとめて理解するなんて、凡人は死ぬまで不可能かもしれません。

古市先生のお客として長年お付き合いをさせていただいていますが、今回の教材を通じて、古市先生がさらにとんでもないレベルになったと心の底から驚いています。

教材のなかで、『あなたは料理でいうところの隠し味を知った状態』(言い回しは少し違うと思います)というようなくだりがあるのですが、まさにそのとおりです。

自分のことながら、この教材の内容を知っていて、実生活に応用して次元の違う結果を出せないなんて、冗談抜きでありえるのでしょうか。言い過ぎでなく、それぐらい強烈で衝撃的な内容でした」E.K.様 男性

  • きちんとできている人は全体の5%以下

「このたびも大変に有用で、即座に活用できる教材を開発、ご提供してくださいまして、本当にありがとうございます。教材で話されていたことに関して、わたし自身、できていないことがいくつもありました。

できていると自分で勝手に過大評価していた点もあり、痛く反省しています。ミスのリカバリーにかかる時間と、本来すべき仕事の時間を対比する説明がありますが、具体的な計算例があり、極めてわかりやすいものでした。

数字がいくつか出てくるため、音声だけだと何度か聞いても完全に理解できないところがある場合は、ノートに書き出して、ちゃんと目視でもしっかり理解することをオススメします。

目でも再確認するとスッと頭に入り一目瞭然です。この通りにやれば、1年か2年もすれば、ライバルをぶっちぎれるでしょう。そのぐらい強力なメソッドです。

そうはいっても、決して特殊解ではありません。一般解であるものの、教材で話されているように、ミスの原因分析をして、対処方法をしっかりやりさえすれば、誰でも良い結果を得られると断言できます。

書き出してみると、あらためてわかるのですが、膨大な情報が簡潔に分かりやすく整理されていて驚きます。

古市先生の教材の特徴として、ご本人の体験談や事例がありますが、今回の教材でも、多くの話がされていて、説明されているポイントがスムーズに頭に浸透してきます。

方法論的なことも大変に役に立つものですが、それだけでなく、心構えに関わることも極めて大切なことが語られています。

どちらもきちっとできている人は、日本のなかでもトップ5%いないかもしれません。仕事とプライベートの両方で私自身がお付き合いする方を見回しても、そう感じます。

このような講話を親や家族、上司、教師などが、部分的にしてくれることがあるかもしれませんが、古市先生のレベルで体系的に教えてくれる方はほぼいないでしょう。

ライバルが増えるので、私だけのメソッドにして隠しておきたいぐらいですが、日本人のレベルを上げるためにも、多くの人に聞いていただきたいと心から思います。

私もこの教材を何度も聞いて抜け目なく、実践するようにします。そして、将来、私の子供や孫にも受け継いでいければと考えています」E.K.様 男性

  • ラクできる仕組み作りが満載

「本教材は、全ビジネスパーソンにぜひ聴いてもらいたい内容です。仕事のキーサクセスファクターにアプローチし、最小限の時間で成果を出す方法について解説されています。

私の人生を変えた勉強・仕事術』に匹敵する、ホームラン級の教材と思います。(お値段は左記教材の数分の1と良心価格です)実践すれば、現状の何倍ものアウトプットが出せると思います。

よくある、楽して簡単に、の方法ではありません。(そういった怪しいものが好きな方はこのサイトは見ないと思います)『少し工夫を加えて楽できる仕組みを作る!』です。

デキる人とデキない人は、仕事の成果が違うのはもちろん、取り組み方など外から見えにくい部分にも差があることを指摘いただき、はっと気づきました。

負け組の7つの習慣』では、デキない人にフォーカスし、その行動を避ければ良いと解説されていました。

本教材も、デキない人のケーススタディで、何が問題なのか?と改善策を提示しています。ケーススタディは笑ってしまう内容ばかりです。

ここまでひどいことはありませんが、私もミスで相手に無駄な労力を使わせたことがあります。

デキない人は長期的な影響を考慮できないため、今取り繕えれば良いと考えてしまい、間違った対応で致命的なミスを塗り重ねるのです。

手戻り、やり直しが60%で本来の仕事が40%と話をされていましたが、前者を『やらなくても良い仕事、無駄な仕事』と言い換えて考えると腑に落ちました。

私の業務を振り返ると、誰かがすでに行った重複作業、何にも役に立たない仕事(誰も見ない報告書や資料作成など)はこの程度のボリュームがありました。

私は1か月前から15分ごとの業務ログを取ることを実践しています。これは『時短術』大坪 拓摩 (著)で紹介された方法です。

そこに本教材の内容を追加してみました。1日の終わりに、無駄な作業、誰かに依頼できた作業、事前チェックしていたら時短できた作業に分類し、翌日の業務段取りをしています。

スマホ脳に圧勝する勉強戦略』で解説されていたように、紙のノートを使うのが良いです。紙のノートで整理すると頭も同時に整理できる感覚があります。

すると、本来注力すべき業務に時間を使えるようになり、感覚的には10~20%効率が上がりました。

古市先生の教材は、中期的に結果が出る(すぐに効果が表れない)内容が多いのですが、今回の内容は即効性がありました。

仕組みを作る件は、私しか持っていない業務ノウハウを手順書等にまとめて部内に共有する予定です。

これを読んでいる方、無駄な時間を省く投資しましょう。数万円で仕事の効率が上がることを考えれば安いですよね。今回も丁寧なご指導ありがとうございました」 H.S.様男性

  • ぎりぎり合格点教材

「本教材について、ホームページに、こう明記をしています。『正直な話、今回の教材はよくて2塁打くらいの内容です。ホームラン教材ではありません(苦笑)』と。

その通りで、古市先生の教材としては、ぎりぎり合格点というところです。大抵の教材満足度は文句なしの★5つなのですが、今回は3つくらいでしょうか。

スマホ脳に圧勝する勉強戦略」「時間を逆行せよ!」「私の人生を変えた勉強・仕事術」などと比較すると、ボリュームやインパクトが劣ります。決して悪い教材ではないのですが、他の教材クオリティが高すぎる(!)のでそう感じるのかもしれません。

本教材よりも、お値段は高くても上記教材を買われることをお勧めします。大部分はこれまで著書や他の教材で話された内容を総括した教材です。

せっかく購入したので教材の良いところをレビューさせていただくと、

  • マインドを変えるためのトレーニング方法
  • 健康管理のヒント

について解説されていますが、ここはなかなか意識しないポイントなので発見がありました。誰でも実践できることなので、活用させていただきます」H.S.様 男性

  • ハッと気付かされた

「この度も即座に実践できる、有用な教材を作成いただきましてありがとうございます。

私自身、週に2、3回はやる気がでないときがあり、どうすればいいのだろうと思いながらも、同じ行動や思考を繰り返していました。

やるべき仕事があるのに、なかなか仕事にとりかからない。ほとほと自分に嫌気がさすほどです。

自分のことなのに、自分をうまく管理(マネジメント)できないもどかしさを感じつつも、どうしたらいいのかわかりません。

今回の教材では、そんな悩みに対して、古来からある武道の考え方に沿って丁寧に解決策を提示してくれています。

大リーガーの大谷選手や水泳の池江璃花子選手、ミスターGTR水野和敏さんの例、ライオンや犬の動物の例、宮本武蔵の考え方、星野リゾートの星野社長のひとこと、そして、古市先生自身の例など、小学生でも理解できそうな、平易な具体例や話をもとに極めて分かりやすく、話の構成がされています。

キーワードとなる3つの言葉に関して、特にその一つが重要であることは今まで、はっきり認識していなかったので、ハッと気付かされました。

それぞれの言葉ごとの話も、古市先生の体験談がもとになっているため、より一層ためになり、自分でもすぐ活用できることばかりでした。

ちゃんとした目標やミッションを設定しない理由、設定していても公言しない理由について、ストレートに指摘されると、図星過ぎて、ぐうの音も出ません。

私ももう若くない年齢になっています。私自身が自己啓発オタクから脱して、不可能を可能にしないと、子供にも悪い影響が出てしまうので、おちおち毎日を過ごしている暇はないです。

いいかげん、本気になります。みなさんも本気になりたかったら、すぐ聴きましょう」E.K.様 男性

  • 7つの名著を使い古市先生の味付けで出来上がった名料理(教材)

「今回この教材を購入し聴き終えた後、まず7つの参考書籍ひとつひとつの名著を食材として古市先生が料理を行うと、どうなるかを教材として完成させた名教材であると感じました。

また7つの名著のポイントの繋ぎ合わせが見事で、この教材を聴くとこれらの要点が一気に理解できる時間のコスパに優れた教材と思います。

そのほかにスマホ脳に圧勝する勉強戦略を説明しつつ、この教材自体がその戦略を通して完成したという解説までされており驚きました。

ハンセン氏の『スマホ脳』、岡田氏の○○、苫米地氏の○○、池谷氏の記憶力や海馬の書籍、水野氏の『非常識な本質』など、自分がそれぞれの名著を読んでも、それだけで満足し終わってしまうと思います。

しかし古市先生は各書籍の重要なポイントを明示し、紐付けし関連も明らかにしており書籍の理解が深まる内容となっています。

その説明の仕方も、過去の先生の体験やウェイトレス、車、ドラッグストアなどの例えで解りやすいです。

自身だけでは決して理解できなかった深い内容を、次々と提示され聴き進めていくほど興味をそそられました。

これまで水野氏の講演や、岡田氏の動画サイトを拝聴・拝見させていただいたことはありますが、内容が深すぎて自分の理解の範疇を超えていると感じたことがありました。

しかしこの教材を聴き終えると、両氏を含め各書籍の著者の深い思考が先生の力業で、はじめて理解できるようになったと思います。

このように7つの名著の理解が深まるだけでもすごい教材だと感じましたが、実は先生の名教材である『時間を逆行せよ!』や『水野和敏塾』のエッセンスもこの教材のなかに織り込まれています。

そのため内容の濃さでいえば今迄でトップレベルではないかと感じました。今回の教材は古市教の自分としてはかなり満足度が高いものでした。

教材を出されるたびにレベルアップする先生には唯々脱帽するほかありませんが、この教材を聴き終えて最も印象に残ったのは次の箇所です。

数々の著書をまとめて教材にするのは他人でも可能かもしれないが、自身の感性で味付けを行い料理すると唯一無二の作品となるというような表現されていた所です。

なぜかというと、自分が社会人となり初めて指導を受けた上司の言葉を思い出したからです。

当時その上司に慌てて報告書を提出した際、『知っていること、書きたいことを全部書き並べて羅列したレポートなんて馬鹿でもできる。結局、何が言いたいのかが明確に伝わる簡潔な文章を書くことが大切』という指導を受けたことを思い出しました。

この教材を聴いて、多くの知識をまとめる思考の大切さを改めて教えられました。

古市先生はこの教材の主題であるスマホ脳に圧勝する勉強戦略を繰り返し説明しています。

私はこの戦略が大切だと認識していたつもりでしたが、この教材を聴いて今まで十分に実践できていなかったことがよくわかりました。

このことを反省し、必ずスマホ脳の人々に圧勝しようと決意しました。今回の教材も大変勉強になりました。どうも有難うございました」T.S.様 男性

  • ノートが最強の武器になる

「頭の良さとは何に起因するかを科学的な見地で論理的に、かつ例示で分かりやすく説明頂き、なぜスマホが我々をアホにするかが非常にわかりやすかったです。

スマホが蔓延している中、我々がどうやって勝ち組に成っていくかの戦略を明示してくれた教材でした。

人は不要な情報は忘れます。特にググれば何でも出てくる状況。そりゃ、覚えるのも面倒になり何にも頭の中に残らなくなりますよね。

残らないから、上位で行われる”記憶と記憶”や”記憶と体験”が結びついて生まれる気づき・イノベーションが激減するわけですね。

気づきは私にとってはすごく楽しいものです。人と出会ったり話してもそうですし、勉強も気づきがあるから単なる苦労ではなく楽しさがあるのです。

気づきを子供から奪う事実を改めて認識し、スマホには苛立ちましたし、何か対策を打たねばと思いました。今後、親としてスマホを眺めっぱなしを卒業します。

あまり携帯で本を読まない方ですが、あえて紙の本を選択し続け、子供の前で読むようにします。また、子供にはノートが最強の武器になることを改めて教えたいと思いました。

スマホは完全に受け身ですよね。スマホさえあれば時間を楽しくどこでも潰せる。しかもググるとインプットを増やしているような気持ちにもなれる。

こんな時代に生き残る戦略を示してくれた教材のおかげで、今までのノート・勉強を続けて行けば良いと確信いたしました」Y.K.様 男性

  • 圧勝させてもらいます

「教材を購入してからようやくこの教材の文字おこしが終わりました。文字おこしをした感想を一言でいうと全然違います!

音声を聞くことで内容は理解したつもりでしたが、書き起こして見返すとさらに頭に入った感じになります。さっそく他の教材も文字おこししています。

古市さんの説明は非常にわかりやすく、特に例え話が明確です。今まで一度は聞いたことある言葉でも、それがどういう意味なのか分かっていないのを改めて感じます。まだまだ勉強不足です。

私は電車通勤していますが、周りの方を見ると大丈夫かなと思ってしまいます。何かにとりつかれたようにスマホを見ています。

そんな私ですが、4、5年前にスマホに依存していた時期がありました。その時は完全にのめり込んでいたので全く気にしていませんでしたが、今まで依存していたらと思うと恐ろしくなります。

スマホを持つことで誰とでも簡単に繋がり、何でも調べられるので自分が賢くなった気になっていましたが真逆でした。

自分だけではなくこれからスマホを持つことになる子供たちにとっても非常に有益な話ばかりでした。何故なのかという点がはっきりしているので子供たちにも説明ができます。

本教材でおっしゃっていることをやれば10年後、いや2、3年後にはすでに圧勝していると思います。

このことを知っているか知らないかでどれだけ差が付くかこれからの時代、本当に恐ろしくなりそうです…

教材の値段は投資と考えたらかなり安いです。なぜならこの投資に対するリターンは計り知れません。聞かなきゃ損です。ありがとうございました」M.O.様 男性

  • 古市さんを信じてきて本当に良かった!

「残念ながら、すでに手遅れになっている人も多いのではないかと思います。この教材の内容を理解し、すぐに行動を起こせる人がどれだけいるのか分かりませんが、厳しい内容となっています。

古市さんに出会っていなければ、自分もスマホ中毒になっていたと思います。スマホの普及により、あらゆることに対し非常に便利になっていると感じていましたが、その背景でどんどん自分がバカになっているとは・・・

水野さんも含め、優秀な人がなぜ手書きを継続しているのか? 世の中で結果を出している人が、なぜ目標を紙に書いているのか? この教材を聞けばその真相が分かります。

自分も過去を振り返ると、結果が出ていない時は、基本的に本を読んでいませんでしたし、ノートにも書き出していませんでした。

『未来ノート』に関しても、出来栄えに満足は出来ていませんが、挫折を繰り返しながらも継続をしています。

『未来ノート』と言うよりも、何かノートに書き出しているときは、今思うと色々良い結果が出ていたと思います。その理由がこの教材で分かりましたね。

教材の中にもありますが、電車に乗る機会があれば、周りを見渡してみてください。誰か紙の本を読んでいますか? 逆にスマホを見ていない人はいますか・・・? そう言うことなんです。

自分は最近、15年勤めていた会社を辞め、起業をいたしました。このままぬるま湯に浸かった状態では、今後授かるであろう我が子に顔向けが出来ないと思ったからです。

今まで以上に、勉強と言うものの重要さが分かり、2週間で70冊の本を読み、ノート50ページに、ひたすら重要なことを書き出し、そこから行動計画に落とし込みました。

ものすごく大変な作業でしたが、確実に結果は出ています。ちゃんとやっていると言うことが周りに伝わっているようで、すでに業界のお偉方の目に留まって、早くも幹部候補になりました。

古市さんを信じてきて、本当に良かった!いつも感謝しております。

最後に一言!この教材を聞いて響かない人、ヤバイと思わない人はご愁傷様です(笑)」S.Y.様 男性

  • 他人事ではない

「手持ち無沙汰に使うスマホに多くの時間をうばわれていることに自覚的な人は少数です。

あるいは、自覚していても、どうすることもできないでしょう。スマホは21世紀のアヘンといわれる所以です。

先日、喫茶店で、勉強しながらスマホをいじっている男子学生がいました。参考書を見る時間より、スマホを見ている時間のほうが圧倒的に多いようでした。

動画、ショッピング、SNSとスマホには私達の関心を引く仕掛けがいっぱいです。スマホを使って勉強するならよいのですが、勉強に利用している人はどれだけいるでしょうか。

彼は大丈夫かな?と心配になりましたが、古市先生の『スマホ脳に圧勝する勉強戦略』を聞いて、他人事じゃない、とあせりました。

スマホで検索すれば大抵のことは調べられますが、よいことばかりではないようです。

最近、記憶力がおちた、とか漢字がかけなくなったと自覚されている方は、この教材でいうところの『スマホ脳』になっているのでしょう。

手遅れになる前に、この教材で勉強戦略を学び周囲に圧勝していきましょう」N.H.様 男性

書籍別の感想を見る()内は件数

教材別の感想を見る()内は件数

過去の感想を見る()内は件数

ページトップへ戻る