レビュー

ご利用者の声

  • 当たり前のことを目からウロコ

「前作<「1日30分」を続けなさい!>も読みましたが、当たり前のことを目からウロコ。勇気をもらえる本です。肩に力を入れずに、着実にを実行したくなりますねしました」 丹羽様 愛知県 50代 男性

  • 学問(勉強)に王道はないと再確認

「著者の前作は読んでいませんが、続編だろうと思い買ってみました。読者の中には毎日30分以上勉強されている方が多いのではないかと思います。実際に、私自身もそうです。ただし私の場合、勉強をしていると、起業して30代で大金を稼いでいる方や、人脈を広げる重要性を説く方の意見が気になることが往々にしてあります。そのため、自分の勉強の方向性や進捗の程度に疑問を感じることがあります。

この本では、こつこつ勉強を続け、人脈拡大はその後でよいと記載がありました。当然ではあるのでしょうが、起業してビジネスをやっている方からこのような意見をいただくと、自分の勉強をこつこつと続けることが大切であり、仕事に通じる学問(勉強)においても王道はないのだろうとあらためて実感しました」 松本様 東京都 30代 男性

  • 15ヶ月間がんばろうと思う

「本書の主な内容は、毎日コツコツ勉強を積み重ねることの重要性について書かれていると思います。私のように誘惑に負けて勉強が続かない者や、最近勉強意欲が低下している方には、毎日努力を継続することの大切さが分かりモチベーションが高まると思います。その他参考になった文章も私にはいくつもありました。

例えば、変化が起こるクリティカルポイントの話、仕事が出来る人間になるため最初に頭一つだけ抜きん出る話、大学に行ってなくても些細なハンデである話、運は準備(勉強)してないと現れない話、マニュアルを何度も読んで勉強し業務に精通する話などです。また、長時間ネットサーフィンをしている私自身の生活態度も反省できました。そして先ずは15ヶ月間がんばろうと思っています」 I.U.様 茨城県 30代 男性

  • 新年は「朝30分」を読み返して勉強開始

「朝に勉強する・仕事をする、というノウハウは他の本でも繰り返し述べられてきたことで、一見、陳腐な内容と誤解する読者も多いと思いますが、実際に勉強を継続して成功している古市氏のコメントには今まであまり見られなかったノウハウがいくつか紹介されています。特に印象に残ったのは「同じ本を読むのでも、1回だけと何回も読み返すのでは、成果が全然違う」ことでした。

月に4~5冊は読書していましたが、内容が身に付かない実感がありました。今回、本書で気になる部分にマーカーを引き、読み終わった後に2回、マーカー部分を読み返したところ、今までにない理解度の深まりを実感しました。また、今回の年末年始も勉強をするつもりのコメントにも触発され、新年も本書を読み返すことから勉強を開始しました。今年一年、この学習法を継続することでステップアップを図りたいと思います」 H. I.様 岡山県 40代 男性

】【

  • 日々の30分が楽しみです

「本日、2冊読みました。現在人材派遣会社で部長職をしており、今日から簿記2級の勉強を開始します。結果は継続していれば合格・継続できていなければ不合格。クリティカルポイントまで到達できるようにまずは15ヶ月継続してみます。また、勉強の概念がかわり日々の30分が楽しみです」 R. M.様 千葉県 20代 男性

  • やる気を維持するための起爆剤として使える

「現実的な話で一気に読めました。書いてあることは、当たり前でもっともな事だと思いましたので、私も全くその通りと思います。ただし、こつこつとやり続けるのはなかなか難しいですのでやる気を維持するための起爆剤として前作同様使わせていただきます」 H. S. 様 山梨県 40代 男性

  • 背中を後押ししてくれる

「本書の冒頭に書かれているように、当たり前で誰でも知っていることが書かれています。なので、向上心があり、かつ実践できている方には不要かもしれません。しかし、向上心はあれどなかなか実行に移せない方、今の勉強の仕方に不安がある方にとっては、背中を後押ししてくれます。あと、結果をすぐに求めるタイプの方にも、考え方を変えるのに役立つかもしれません」 K. Y. 様 大阪府 20代 男性

  • 目標設定の方法は、すべてにおいて共通する

「本書で記載されている目標設定の方法は、全てにおいて共通することだと思います。長期・中期・短期(1日)の目標設定です。資格取得の際は、基本的には目標が「○月○日の資格試験に合格」といった具体的な目標が設定されます。この長期目標に向かって、次にこの長期目標の為には、この時期にはこの部分までの勉強を終えていなければならないといった中期目標が設定されます。この中期目標を達成する為には、毎日どれぐらいの勉強量が必要かといった逆算が生まれます。

これは勉強に限らず、仕事においても、人生においても同じだと考えます。仕事においては、仕事に取り組む前に最終結果のイメージ(取り組み事項の結果系)をしなければなりません。最終結果イメージに達成する為には、どのように取り組み、考え、行動することが必要なのかを把握することが重要であると常々感じます。これをしなければ仕事においてはメリハリが無く、やらされた感だけしか残らず、成長はできないと思うからです。

人生においても同じです。どのようなスキルを身につけたいのかetcを具体的にいつまでにそうありたいと強く願うことが大切であり、達成の秘訣であると思います。本書にて改めて自身の考えが大きく外れていないことがわかり、今後もこの考えで取り組むことが大切であるということを知ることができました。ありがとうございました」 T. K. 様 大阪府 20代 男性

  • 内容がわかりやすく共感した

「本を読ませていただきましたが、内容がとてもわかりやすく、なぜその行動をしないといけないのかをきちんとした説明つきで書いてあるのでとても納得できました。決して楽にできる裏ワザ的なものは書いてなく、努力するやり方が載っていて非常に共感しました」 成山 剛博様 神奈川県 30代 男性

  • やる気にさせてくれる本

「前作「1日30分を続けなさい!」と同じく、非常にやる気にさせてくれる本でした。どうしても自分を甘やかせてしまいがちになりますが、この本を読むと「やるぞ!」とやる気になります。勉強意欲が落ちてきてはこれら2冊の本を読み、モチベーションを再度上げて勉強を続けております。ありがとうございました」 K. S. 様 奈良県 20代 男性

ページトップへ戻る