教材のご紹介

水野和敏塾1回目

商品名

水野和敏塾1回目
〜 グループCチーム監督時代のケーススタディ

内容

合計4時間20分
・CD4枚組(4時間20分 水野さんのご講演)
・水野さんが書いたホワイトボードの写真PDF

教材のご説明

勝つべくして勝つ。
こうなりたい人、ほかにいませんか?

あなたが、いつまでたっても目標を実現できないのなら、、、

この教材は、あなたのためのものです。なぜなら、今のままのやり方では、あなたの状況は何も変わらない、ということを、あなたの過去が証明しています。

あなた自身が目標設定や目標実現の方法を身につけておかなければ、いつまでたっても、あなたのお金や人間関係の状況は変わりません。人生で逆転できません。

どうやって目標設定をするのか。どうやってその目標を細分化し、日々のタスクに落とし込むのか。たまたま運良く目標が実現するのではなく、当たり前のように実現させ続けるのか。

あなたが1年前、3年前、5年前にイメージした通りの状況を手に入れるのか。その仕組みをどうやって作るのか。あなたはその方法を知っていますか?

あなたが、この仕組みを手に入れたいのなら、、、

この教材はあなた、それからあなたのご家族のためのもです。なぜなら、お父さん・お母さんの人生が好転すれば、子どもの人生も好転します。お金が一番わかりやすです。

逆も、リストラに遭うなど、親の人生が右肩下がりになれば、当然お子さんの人生も右肩下がりになります。長期的に安定し、かつ少しでも右肩上がりの状況が欲しいですか?

似たもの同士の2人だったのに、、、

今から7年前。2人の男性がいました。2人ともと年が近く、能力も知識も収入も同じくらい。

彼らはよく似ていて、大学までは2人とも落ちこぼれ。2人とも経済的に成功すること、つまり人生で成功することを強く望んでいました。

それから7年後、2人は共に7歳年をとりましたが、相変わらず2人は似ていました。

2人とも結婚し、子どもがいました。そして相変わらず、経済的に成功することと・人生で成功することに積極的で前向きに取り組んでいました。

しかし、彼らには大きな違いがありました。1人は相変わらず7年前と同じような状況でした。

しかし、もう1人は、とある会社の役員になり、7年前に望んだ通りの成功を手にしました。

収入も高く安定をしており、精神的にも満たされていました。彼は「次のステージ」のチャレンジに向けて、毎日充実感を持って仕事に取り組んでいます。

何がその違いを生んだのでしょうか?

あなたはこれまで、経済的な成功や目標実現について、何がこのような違いを生むかを考えたことがありますか?

それは生まれ持った才能の違いでも、運の違いでもありません。一方がチャンスに恵まれて、一方が恵まれなかったわけでもありません。

その違いは、2人が何を知っているのか、そしてその知識やスキルをどうやどのように使うのか、によって生まれるのです。

そしてこれこそが、私が今この文章を書いている理由であり、この教材の存在理由なのです。

水野さんへの講演依頼メールを公開!

これを私個人も知りたくて、全戦全勝のMr. GT-R水野和敏さんに、水野塾の依頼をさせていただいたのです。

///
下記のテーマでお願いできれば幸いです。

1回目:グループCチーム監督時代
2回目:日産リバイバルプラン時代
3回目:GT-R開発時代
4回目:現在のお仕事、または過去3回のご講演の総括

上記すべてのお仕事で、水野様が輝かしい結果を残されているのは、お客様もご存じです。

しかし、運良くいい結果が出たのではなく、いい結果が出るべきして出たはずです。そのプロセスに、お客様は興味があります。

上記の各時代のときに、勝ち戦にするために、水野様がどのように

  • 成功要因を分析し
  • 計画を練り
  • 実行し
  • チームを動かし

たかについて、教えていただければ幸いです。
///

レースのグループCカー時代では、初めてのチーム監督にもかかわらず、若干37歳で初年度総合優勝。翌年も総合優勝。

3年目は全戦全勝で、翌年グループCカーレース自体が消滅。ほかのチームがエントリーしなかったからです。

各メーカーの威信がかかったレースなのに、日産・水野さんチームに一度も勝てなければ、企業のイメージダウンにつながると判断したからです。

日産リバイバルプラン時代には、FMプラットフォームを世界で初めて提案。共通プラットフォーム使って、5車種を設計。

要は、共通パーツを多用してスポーツカーのフェアレディZから、SUV、乗用車など5車種を開発。これらの車がバカ売れして、これで日産は2.5兆円の負債を完済、復活!

現在は、世界中の自動車メーカーが、水野さんが提唱したFMプラットフォームをマネて、共通部品を多用して自動車を製造しています。

ちなみに、「コストカットをしたから日産が復活した」というマスコミの報道は間違いです。マスコミは所詮、外部の報道機関。

一方、水野さんは日産内部の元社員で自動車エンジニア。それも日産復活のきっかけになった5車種を設計した方です。

そして、GT-Rの開発を依頼されたときには、たった2週間で基本設定を作成。

当時のカルロス・ゴーン元社長に、「ゼロ百加速(停止状態から100kmまで加速)タイムで2.7秒のスーパーカーを造ります。ポルシェを打ち負かします!」と宣言。

3年の開発期間を経て、本当にゼロ百加速2.7秒で、ポルシェよりも速いスーパーカーを造ってしまった方です。これは巨人・ト○タ自動車にもできいないこと。

なぜ、水野さんはこのような結果を残せたのでしょうか?

水野塾1回目のご講演で、その種明かしを話していただいたのです!

水野さんはこうおっしゃいました。

「人と戦っていたら永遠に勝てない」と。

これが全戦全勝のミソです。だけど、これだけを読んだだけでは、あなたはピンとこないでしょう。それもそのはずです。

なぜならば、高い次元(いや、が高すぎる次元)のお話を270分(4時間30分)もしていただきましたので(質疑応答も含む)、私を含めた全受講者の脳は完全にオーバーフロー状態(苦笑)。

ご講演を音声でくり返し聞かないと、内容を咀嚼(そしゃく)できないレベルなのです。

こんな方、ほかにいません!

これだけは、はっきりも申し上げられます。

ご自身で輝かしい業績を残したとしても、ご自身が成功した理由を分析、体系的に解説できる人は少ないです。

仮に分析、体系化できたとしても、人前で話すのが苦手という成功者は多いです(特に、水野さんのような理系タイプ)。

一方、たいした業績を残していないのに、成功者ぶって話す講演者もいます。(^▽^;)

水野さんは、

  • グローバル規模の業績の数々(多く見積もって1人/10,000人の確率)
  • 理系タイプで成功要因を分析、体系化できる(1人/1,000人の確率)
  • 第三者に口頭で説明できる(多く見積もって1人/10人の確率)

1億人に1人いるか、いないかのレアな存在。その証拠に、水野さんクラスの結果を残した日本人を、あなたはご存じですか?

厳密には、「成功要因を分析、体系化できる」という説明は間違いで、水野さんは、

  • 事前に勝つ戦略・計画を立て
  • チームを動かして実行し
  • 勝つべきして勝った

水野さんは、こうともおっしゃいました。

「勝って当たり前なんだよ! 簡単でしょう!?」

似たもの同士の2人の原型

私は高校時代、仲良くしていた同級生がいました。今ではお互い結婚をし、家庭を築いています。最近は年に1、2度会うくらいです。彼の方が勉強ができたので、彼は一流大学に、私は二流大学に進みました。

でも、それから約30年たった今、社会的なポジションは私の方が上です。理由は、私は卒業後も目標を設定して学び続けたから。

同じように、大学時代にほぼ4年間べったりしていた同級生がいました。彼はお金持ちのボンボンで、容姿がよく、お洒落でモテるタイプ。一方、私は中流家庭出身のイケてない田舎者。

でも、それから約30年たった今、社会的なポジションは私の方が上です。理由は、私は卒業後も目標を設定して学び続けたから。

私が読売新聞社に入社するとき、写真部の同期が1人いました。彼はいまでも読売に勤めています。マスコミは真っ黒ブラック企業なので、不満タラタラで、ストレスを抱えて働いているはずです(私がそうでしたから)。

一方、私は独立・起業をしました。ストレスはありませんし、やりたくない仕事はしていません。もちろん、望まない転勤も、泊まり勤務もなし。比較的自由に、楽しみながら仕事をさせていただいています。

読売に入社したのが1995年。25年も経つと、ほとんど1995年時点で同じような人生を歩んでいた2人の人生は、こうも変わってきます。理由は、私は読売勤務時代も、留学のための英語の勉強をコツコツと続けたから。

アメリカ留学時代に、私以外に日本人留学生がいて一緒にMBAを取得しました。彼は留学時代に経済的に余裕があって、車を購入しそれで通学をしていました。一方、私は貧乏留学だったので、バス通学をしていました。

でも、それから約20年たった今、社会的なポジションは私の方が上です。理由は、私は卒業後も目標を設定して学び続けたから。

「進化し続けたから」とも表現できます。

あなたは過去3年、5年のスパンで進化していますか? それとも歳をとっただけ?

同じ10万円を自己投資しても、費用対効果は雲泥の差に!?

この教材の価格は約10万円です。1冊1,500円(税抜き)のビジネス書を60冊買っても、やっぱり約10万円です。

だけど、投資効果は本教材の方がずば抜けています。

あなたは勉強熱心なので、これからも勉強をし続けるでしょう。しかし、ビジネス書を1,000冊(160万円相当)読んでも、水野さんが4時間半のご講演で話された内容には、かすりもしません。

なぜならば、ビジネス書に書いてあることは、建前の情報。一方、水野さんがご講演で話されたことは、ホンネの情報。

水野さんは、「すべては表と裏で成り立っている」とおっしゃいました。

みんなが知っているのは表の情報。建前・ウソ情報とも言えます。一方、裏の情報はホンネ・真実の情報です。

「裏を見抜けた人だけが勝者になれる」とも。

水野さんはこうともおっしゃいました。

「1,600円程度のビジネス書に答えが書いてあれば、誰も苦労しない」と。

世の中に出回っている情報は、忖度された情報しかないという事実に、あらためて気づかされるわけです。忖度された情報を信じて行動したら、結果が出なくて当たり前なのです。

例えると、回転寿司を1,000回食べたら、1食3,000円として300万円の費用です。一方、ミシュラン3つ星の寿司店で10回食べても、1食3万円としても、たった30万円の費用です。

どちらの方が、体験として価値がありますか? どちらの体験が、他の人と差別化できますか?

確認なのですけが、あなたが「スゴいな!」と思う日本の成功者・経営者(あなたが読むビジネス書の著者など)は、日本で結果を出した人たち。つまり、日本という国限定の成功者がほとんど。

一方、水野さんは、設計した自動車もスーパーカーも世界中でバカ売れしているので、グローバルな成功者

あなたが、ずば抜けた結果を出した人から学びたいと思ったら、学ぶべきなのは、どっち?

私が説明しても、ご講演の衝撃や感動は伝わらないと思いますので、受講者のレビューを参考にしてください。

お客様のレビュー:

水野塾1回目、衝撃でした。凄かった!

「こうも考え方が違うと結果が変わるというのが、はっきりとわかりました。

それをこうして時間をかけて水野さんという方の頭の中を拝見させていただけることは非常にありがたく、人生において人から学ばせていただくことにこれほどほ価値があるでしょうか。

自分のために働いたら、また行動している以上は、もうこれ以上上にはいけないというのがはっきりしました。

全ては人のためにある、人の心、こんなにまで人のことを考えられて、仕事を通して、人に大好きだと言われる喜びを、多くの人に感じてもらいたいという熱量を肌で感じました。

前回のセミナーに加え、少しずつ意識が変わってきています。人に喜んでいただくためにどうするか。限られた4回の中でしっかり盗んでいきたいです。ありがとうございました」M.T.様 男性

衝撃波を受けた

「人の話を聞いて衝撃波を受けるような体験をするとは思いもしませんでした。

あのスタイルは計算だったのか、分かりませんが途中、水野さんがスティーブ・ジョブズと重なるような凄まじいものを感じました。

オブラートに包まれていない、超一流のストレートなメッセージは強烈過ぎます。ホントびっくりしました。

過去、業界でもトップクラスのサラリーマン社長や役員の話を仕事上で聞いてきたことがありますが、その人たちと比べても次元の違う領域にいる人だと感じました。

未だ現役で活躍する水野さんの話をあんな間近で聞けて自身に影響がないわけがないと思います。

初回がこんな体験ですから次回以降どんなふうになってしまうのか。まさに一生ものの体験をしていると確信しています」小松様 男性

甘い考えは、すぐに吹っ飛んだ

「前回の講演を受けている。古市先生の解説教材も合わせて何度も聞いた。だから、今回はもう少し太刀打ちできるのではないか・・・

そう考えていた自分は、開始してすぐに吹っ飛びました。

今回もまた、圧倒的なパワーと熱量で繰り広げられる水野さんのお話に、ただただ引き込まれました。

なんのために仕事をするのか。
そのためにはどう仕事をすべきか・・・

詳細は教材に譲りますが(というか、私では説明しきれない)、『言葉の定義』『一年』が特に自分に刺さった・・・いや、むしろ、一刀両断で切って落とされたキーワードになります。

まさに、今の自分の仕事で、うまくできていないところです。ここをきちんとできれば、それだけで大きく変わってきそう。

教材を購入し、繰り返し聞くのが楽しみです。

また、今回の講演では最後の質疑応答の時間に、『覚悟』の強さ・深さのようなものも感じられました。

お客様の喜び・感動のために仕事をするときに、どうしても発生してしまう対立をどう乗り越えるか。そのときに支えになるものは何か。

その質問への回答は、純粋、孤高、気高さ・・・そういったものを感じさせる、圧倒的な『覚悟』でした。

自分にはその『覚悟』があるのか・・・そのことを自問しながら教材を聞き、2回目に備えたいと思います。

最後になりましたが、水野さん、古市先生、今回も本当にありがとうございました。次回を心から楽しみにしております」T.A.様 男性

さらにエネルギーがすごい!

「前回は後列で聞いていたので、遠くからしかお姿を拝見できませんでした。

でも、今回はさらにエネルギーがすごい!水野先生が目の前に来られたときには自然と背筋が伸び、そのお姿から目が離せませんでした。

水野先生は『生きている時間に無駄などない』と述べられました。テレビを見るときも話すときもすべて学習であり、そして、何のために勉強するのかを考えろと。それもやはり『すべては人のためだから』。

水野塾からの帰路で、この『すべては人のためだから』という言葉がとても重く響いていました。

道路・橋・ビル・車・電車・・・目に入るすべてのモノが『人が、人のために』作った、心の形なのだと感じたからです。

街の明かりにも人の心が詰まっているのだと思うと、感動すら覚えました。ようやく、『人のため』を理解する入り口に立てた、そのような気がします。

じゃあ、私自身は人のために何を行うのか?それをそろそろ死ぬ気で考えろよ、気がつけよと、先生が全身全霊で伝えてくださっているのだと思います。

水野和敏先生、魂のこもったご講演をいただき、心から感謝いたします。そして、水野塾を開催してくださった古市幸雄先生、このような機会を本当にありがとうございました。

講演を聞いておられない方、次回は絶対参加した方がいいと断言できます。本当に無駄など一つもありません。今回の分は教材で聞かれたとしても、絶対に参加していただきたいです」Y様 女性

出会いを作ってくれた古市先生に感謝です

「水野先生は本物のプロでした。

直接お話を伺うまでは、非常に恵まれた才能を持たれた方という印象を持っていましたが、一瞬でその印象は180度かわりました。

あまりに突き抜けているが故に、大変ご苦労されそれをバネに境涯を深めてきたため、技術者でありながらこれほど人の気持ちがわかる方はいないという事がよくわかりました。

偉人という言葉しか思いつきませんでした。

偉人というスケールの大きな方に共通の哲学を持たれており、何のために人生を生きるのか?誰のために仕事を行うのか?

全ては『人のため』という大事なキーワードを改めて胸に刻みました。

また、あらゆる事へ当たり前と思わずに、常にとことん考え抜き、本質を追及する姿に大変共感しました。

質疑応答に関してもすべてを完璧に準備されていることに大変驚き、人一倍努力されているのがよくわかりました。

凡人であるがゆえにすべての境地を一瞬で理解できたとは到底思えないのですが、凡人にわかるように諭していただいた事をもう一度かみしめて一つでも自分のものにしたいと思いました。

次回の講習も早速申し込みました。有難うございました」K.K.様 男性

ホンモノ、凄すぎます!

「水野さん、今回の渾身のご講話、ありがとうございました。またこの機会を設けていただいた古市さんにも感謝申し上げます。

『別格』、最初の感想はこの一言です。

水野さんの、その全身から伝わる雰囲気、発せられる言葉、厳しくも優しさのある眼差し、すべてがホンモノ、もうすごすぎます!

メモを取りながら聞くつもりでしたが、直ぐに諦めました。次から次へと目や耳だけでなく五感を刺激され続けるので、一瞬たりとも意識をそらさず聞き届けようと決めてノートを閉じました。

水野さんのテーマでもある『すべては人のためだから』、これを実際の仕事で、愚直なまでにやり通す、実践するとはこういうことなのかと、目の覚めるような感覚でした。

レースに勝つというその目的のために、ベテランだろうが、上司だろうが臆せずやりきる気迫や熱意、それでいて冷静・冷徹にも思えるデータの見える化での説き伏せ、でもその根底には人間の感性、心に対する深い理解、そして溢れんばかりの人間愛が満ちている。

私自身、同じ理系・製造業エンジニアの管理職という立場ながらあまりの違いに、正直涙がこぼれ落ちそうになりながら聞き込んでいました。

水野和敏塾でのこの『別格』な体験、生で、五感で感じるからこそ、心が動き、行動をかえるきっかけになると確信できました。

というか、これを体験して変わらないなら、余所でなにを聞いても変わらないと言い切れます。

今回私自身の思考が、あるいは古市さんが引合いに出される人称が、一段高いところに、ものすごい短時間に移った気がしています。

そして、早速あのマトリックスを自分の技として使いこなせるようにすべく、実践をはじめています。

時間経過を感じさせない全く無駄のない濃密な体験、本当に有り難うございました。

必ずや次回も、いや全回参加します。そのたびに私自身の思考が、人称がどこまで引上げられるのか、自分自身で愉しみです。今後ともよろしくお願いいたします」K.S.様 男性

脳みそがオーバーヒート

「受講から2日が経過しますが、まだ脳みそがオーバーヒートしている感覚に襲われています。少しでも当時の様子を共有したく、以下にて第1回水野和敏塾を受講した感想をまとめます。

1.全体
一言で表現すると『水野和敏さんというホンモノの講師から、ただのノウハウではない生き方の根幹についての非常に熱いセミナーを受講した』ということになります。

私は前回のセミナーは受講していませんので、水野さんのセミナーは今回が初めての参加でした。

自分に前回のビデオを見たり感想を読んだりしたりしていましたが、当日現場でナマで水野さんの醸し出す空気を感じ講義を受けると、新しい内容はもちろんのこと、前回と共通する内容を聞いても理解・吸収できる情報量が全然異なりました(消化不良の内容ももちろんありますが)。

これは身銭を切っているからということよりも、現場で受講することで水野さんの空気に引き込まれ、一言一句を聞き逃したくないという気持ちになったことが理由だと考えています。

会場に足を踏み入れられた時の静謐な空気、穏やかな表情の中に見せる優しさ、信念を話されるときの射るような視線等々現場にいる者にしかわからないであろう空気や様子を多々感じ取りました。

2.講義内容
内容が非常に多岐にわたり、現在も消化不良・オーバーヒートしていますが、少しでも内容を身につけられるようにセミナーの翌日から通勤の電車を使って自分のメモに基づいてセミナーの復習をしています。

全てを吸収しようとすると発散してしまうので、特にこれは吸収したいという3点に焦点を絞って自分の行動・心がけに落とし込もうと取り組んでいます。

仕事を上っ面だけうまくいかせるようなただのhow-toではなく、人への愛や水野さんの根本的な思想や信念を聞くことができた講義でした。

3.その他
3連休の最終日にも関わらず、多くのビジネスパーソンが意識高くセミナーに参加していることに親近感を感じるとともに非常に危機感を感じました。自分の立ち位置をよく考えて引き続き自己研鑽に励みます。

以上のように私は今回のセミナーで非常に多くの学びを得る一方、まだ興奮状態が続いています。

『話すのも書くのも全部人のため』という根本的な思想を忘れずに、引き続き復習・整理を続けてセミナーの内容を腹落ちさせていきます。

また次回の12月のセミナーも大変楽しみにしています。この度は貴重な機会をご用意頂き、ありがとうございました」T.K.様 男性

多くの学びがある時間だった

「まず、長時間にわたってパワフルな講演をしてくださった水野さんに心からのお礼を申し上げます。

多くの学びがある時間でした。その中でも、非常に印象に残ったのは、過去をデータそとして捉え、分析の対象とする視点でした。

私自身、これまで、職場や私生活でいろいろなことを試してみましたが、ほとんどが失敗に終っていました。

講演を伺い、失敗の原因が理解できました。これからは失敗の経験をデータとし、分析したうえで、新しいことに取り組んでいきたいです。

新しい視点を教えてくださったことに感謝しております」Y様 女性

参加しなかったら一生後悔

「前回の水野さんの講演は都合が悪くて参加できず、教材で聞いたときの衝撃といったら。なんて言ったらいいのだろう?『本物だけが持つ力』とでも言ったらいいのでしょうか。

参加したかったなぁ、と思っていたら、なんと4回シリーズで講演していただけるということで、すぐに申込みました。

日産が輝いていたあの時代、学生のときに憧れていた車たち(R32、Z32、S13、A31、P10 etc)の多くを担当していたのが水野さんだったと知ったとき(間違っていたらすみません)、これに参加しなかったら一生後悔していたでしょう。古市先生ありがとうございます!

水野さん曰く、私たちは言葉を正確に理解していないで使用している。例えば『会社』。会社ってなに?会社って何をするもの?大人なのにこんなことすら正確に説明できない。

ブランドとは何か?未来は言葉にできない。だから人に説明できない。そして、成功の秘訣は○○こと。物事には○○がある。話されることは本人が体験してきた『本当のこと』ばかり。説得力が違います。

会社の自己啓発講師に無理やり聞かされた『他人の成功話』ではなく、全てが『本人が経験してきた事実』であること。

そしてその成功がまぐれではなく、論理的に分析した結果であること。5時間にも及ぶ講演で自分の集中力が途切れないなんて滅多にありません。

何より、あれだけ凄い業績を残した自動車業界の超有名人が、驕らず、自慢せず、気さくに話しかけてくださり、参加者と同じ目線で、丁寧・親切に、成功するための秘訣を惜しげもなく披露してくれる。

そしてその話を日本で、日本語で話してくれる。これって本当に凄い、恵まれていることなんです。ですので4回とも参加させていただきます。

最後に、あんな凄い業績を残し、会社に何億(何百億?)もの利益貢献した人でも、周りはほとんど敵だらけ、○○だらけの会社生活だったなんてビックリです。

日産が失速した理由も話されていましたが、会社の経営陣も水野さんが怖かったのでしょうね。自分たちの地位が脅かされたんですから」Y.K.様 男性

こんなことまで考えているのか!

「熱い講演をしていただき感謝致します。入場時から既に水野さんの演出が始まっており、『こんなことまで考えているのか!』と驚嘆してしまいました。

常識的に考えればダメなことでも、戦略的に考えればむしろプラスになる。ここでも『○○』のお話を自ら体現されていたと気づきました。

それにより開始直後から既に水野さんが主導権を握って場の空気を作っていらしたので、『世界で勝負してきた人は本当に隅から隅まで(良い意味で)抜け目なく自分をうまくプロデュースしている』と感じました。

そしていつの間にか本題に入り、視聴者一同が水野さんに引き込まれた状態であっという間に90分が経ちました。

その後も熱のこもったお話が続き、自らの体験も交え、『圧倒的な結果を出すことはこんなにも清々しいことなんだ!』『でもその為に必要なことがあるんだ!』ということをあらゆる角度からお話いただきました。

実際目の前でお話を聞くと、その圧の強さや熱量に圧倒されそうになりましたが、『自分もこの人のように圧倒的に突き抜けた存在になりたい!』と強く思えました。本当に有難うございます」S.T.様 男性

言葉の定義の重要性がわかった

「今年6月に開催された講演には参加できず、今回ようやく、水野さんから直にお話を聴くことが叶いました。

講演中は話の内容はもちろん、ライブならではの水野さんの表情や仕草も漏れなく目に焼き付けようと必死で、終わってみればあっという間の5時間でした。

まずは『○○のマトリックス』を使いこなせるようになりたいと思ったので、日常の事柄についてマトリックスを使って考える練習をしたいと思います。

また、講演の最初に『言葉の定義』の話をされていましたが、自分の欲のまま好き勝手に動いてしまうときは『言葉の定義』を全く無視していることに気付いたので、アウタースケールで考えるためにも『言葉の定義』をしっかり認識する癖も付けたいと思います。

最後に、貴重なお話を聴ける機会を与えてくださった水野さんと古市さんにお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

第2回も楽しみなような、怖いような、今から複雑な気持ちですが、また勉強させていただきに参りたいと思います」I.K.様 女性

解説音声を聞かれたお客様のレビュー:

水野さんは監督、古市先生はコーチ

「ご講演に参加させていただき、解説を聴かせていただきました。ご講演当日は一言も漏らすまいと聞き入っていましたが、いかに毎日惰性で生きていたか痛感いたしました。

一言で言うと、現状に対して危機感を持った講演でした。

『会社とは』『働くことの意味』『過去と未来』『学校と社会人の勉強の違い』『能力』など、一つ一つのテーマが生きる上で非常に大事で、これは社会人必須のセミナーなのではないかと感じました。

講演から解説までのリリースに1週間のタイムラグがあり、理解しようと何度も聴きましたが、やはり水野さんと知識や経験の差で理解しきれないところがありました。

自分で理解が抜け落ちた部分、言外のメッセージについて解説いただいたのは大変ありがたいです。

このような深い内容を解説できるのは、やはり古市先生しかできないと思いました。スポーツに例えると、監督(水野さん)の意図をコーチ(古市先生)が選手に伝えることに似ています。

私はエンジニアですが、入社時に『お客様に感動してもらえる製品を作りたい』と思っていたのが、日々のルーチンワーク(○○)に埋もれて、いつの間にか本当にやるべきこと(○○)が埋没し手つかずになっていました。

もう一度原点に戻って、『どんな製品を喜んでもらえるのか?』『自分はお客様にどのような価値を提供できるのか?』を考えます。

ここに全て書ききれない内容でしたが、心に残ったのは『21世紀は○○社会』です。

自分で考えない仕事はAIやコンピューターによって淘汰されていくことは知っており、TVなどではなくなる仕事、残る仕事を職業別に分類しています。これについて得体の知れない不安を持っていました。

2つの軸(水野メソッド)を使ってどのように取り組めばよいのか、具体的な例を交えて説明いただきました。このメソッドで仕事のクオリティを向上すれば、自分の仕事はなくなることはないと確信しました。

仕事や子育て、様々なことに使えるので早速実践していきます。今後このメソッドの補講を計画されているとのことですので、是非お願いします。

本教材だけでももちろん圧倒的なクオリティと情報量ですが、最近の教材と合わせて聴いて、より深い理解につながりました。

下記の内容が、全て頭の中でパズルのピースのようにピッタリはまりました。

古市先生はおそらく計算して順番にリリースしたのだと思いますが、水野さん、古市先生の話が全てリンクしており、一気に聴くと気持ち良いです。

自分をブランド化する創造思考と評価軸
自分のためにも「人のため」
私たちが成功できない理由、欠けていた視点

・水野和敏塾1回目
社会人の勉強、能力

あなたが成功する手帳の使い方<バージョンアップ>
上記考え方の実践方法

聴いて仕事に対する考え方や対応が変わりましたし、少しずつ良い方向に向かっていると実感しています。

間違いなく10年後に聞いてよかった、と思うことになるので、古市先生とお付き合いがある方は是非全部聴いてください。

今回も貴重なご講演を開催いただき、また丁寧に解説いただきありがとうございました」H.S.様 男性

あっという間に全部聞いてしまった

「解説教材は水野さんの講演におけるポイントをしっかりおさえ、聞きたかった部分を解説下さっているので、すっと入ってきて、あっという間に全部聞いてしまいました。

あれだけ長い内容をコンパクトに、しかも自己実現に置き換えながら解説が進み、分かりやすく、また色々と考えさせられました。それと共に水野さんのお話をどう生かしていけばいいかが見えてきました。

過去の繰り返しでは、未来は作れないというお話がありましたが、解説教材では、一方で歴史は繰り返されるので過去を勉強してパターンががわかれば未来に応用できるとなっており、この点聞けたのは凄く大きく、知識や情報を身につけることもそれはそれで重要であると感じました。

良いお金の使い方の話においても自己投資をしないといけない理由もこういうことなのだなとそれは個人も会社も同じと再認識させられました。

これから間違いなく考え方が変わります。考えが変わると行動も変わるのでこの先自分はもっと変わると思います。繰り返し聞くことで、これからの人生に生かしています。ありがとうございました」M.T.様 男性

痛すぎて聞き続けるのが苦しかった

「解説教材ありがとうございます。古市さんの解説聴くとすーっと入ってきました。

私にとって解説がずっとお説教でした…(苦笑)。すべて自分のことを言われている気がして何も言えません。痛すぎて聞き続けるのが苦しかったです。

目標設定もまともに出来ていない。手帳マニュアルは今になって買いました…。ただ、目標書こうとしても書けない…。

言われたことは未来のことを想像できないから。これを聞いたときに、だから自分はスケジュール立ててもその通りにできないのだなと納得しました。

過去の知識や情報はあっても、未来のことについては全くでした。出来るわけないですもんね。ほんと勘違いしてました…。

この年になってまだよかったのかなと思いました。水野塾参加していなかったら一生わからないままだったかなと思います。自分にあますぎな結果ですね。

ここ最近変わってきたと自分では思っていたが、成果はどう?には答えられない状態…。ほんと古市さんにはすべて見透かされてます。

昔に比べてかなり変わったと自分では思いますが、まだまだこれからスタートのつもりでやっていきます。

いつもありがとうございます。こんなにダイレクトに言っていただけるのは古市さんしかいません。

解説教材の後に水野塾を聞くとより理解が深まります!

水野さんは3回聞かないと理解できないとおっしゃっていましたが、私は10回いや100回以上聞く必要あるので隙間時間見つけて聞き続けます。本当にありがとうございます」M.O.様 男性

水野メソッドを知る・知らない

私と同級生の人生が大きく変わったように、水野メソッドを知る人と知らない人では、5年、10年、20年後に大きく人生が変わってきます。これは断言できます!

お客さまのレビューに書かれていましたが、特にGT-Rは世界中で売れているのです。そのエンジニアの話しを聞きたいファン、ビジネスパーソンは世界中にいます。特に、ポ○シェの関係者は聞いた方がいいですよ。(^0^;)

ナマの水野さんを日本で拝見して、それも同じ日本語で聞けることが、どれほど貴重なことなのか。水野さんを成功哲学を、通訳なしで理解できることがどれだけ恵まれていることか。

水野さんは、こうおっしゃいました。

「日本の文化の中に生きて、日本語をしゃべって、日本の生活習慣でいることが、実はすさまじいグローバル競争力」なのだと。

この教材に投資するメリット

  • 勉強の本質がわかります(これがわからないと、一生ズレた勉強を続けることに)
  • 裏(真実)を見抜く、クセがつくようになります
  • (自分)ブランドを作るポイントがわかります
  • 知性と感性の違いがわかります
  • 水野メソッドがわかります
  • 勝負に勝つだけではなく、勝ち続けるポイントがわかります
  • 思考力とは何かがわかります
  • 時間の重要性がわかります

押し売り宣言!

もし、あなたが本気で、自分を変えたいなら、、、。

押し売りします。ウソではなく、ホントに。それにはちゃんとしたワケがあります。

そのワケの1つは、圧倒的な結果を出した元日産エンジニア・水野和敏さんのお話だから。

倒産寸前だった日産自動車が復活したのは、水野さんがリバイバルプランで造った5車種がバカ売れしたからです。

そして、あなたにも結果を出して欲しいから。

2つ目は、成功をした人はいますけど、その要因を客観的に分析して、かつ第三者にわかるように説明できる人が、ほぼ皆無だから。

一方、水野さんは理系の自動車エンジニア。ファジー(あいまい)なことを数量化するのが得意中の得意。

乗って楽しい車、ワクワクする車。すべて、ファジー(あいまい)な表現でしかありません。この感覚的なものを数量化して、車を設計するのです。理系のエンジニアのアプローチは、まったく違います。

あなたの夢や目標は、ファジー(あいまい)なことが多いでしょう。「経済的に豊かになりたい」「豊かな人間関係が欲しい」

だけど、具体に的に行動しないと、何も状況は変わりません。それらを日々のタスクに落とし込まないと、あなたの夢や目標は前進しません。新しい未来は創造できません。

結果を出すための真実のプロセスを、勝つだけではなく、勝ち続けられる要因を伝えられる数少ない方です。

この商品について

(注意)

  • 外部講師を招いた教材なので返品・返金不可の商品になります
  • 教材の厚みがあるため、宅急便でのみ発送可(ネコポスで発送不可)
  • ご講演者のご意向でビデオ・スライドの提供なし(ホワイトボードに書かれた情報の写真あり)

サンプル音声はこちら

商品名

水野和敏塾1回目
〜 グループCチーム監督時代のケーススタディ

価格

99,000円(DL版)
110,000円(CD版)

内容

合計4時間20分
・CD4枚組(4時間20分 水野さんのご講演)
・水野さんが書いたホワイトボードの写真PDF

ページトップへ戻る