教材のご紹介

自分をブランド化する創造思考と評価軸

商品名

自分をブランド化する創造思考と評価軸
〜 Mr. GT-R 水野和敏氏のご講演

内容

合計5時間40分
1. CD3枚組(2時間50分 うち約9分は古市の前座)
2. ハイビジョン動画(約2時間50分 限定サイトで公開)

教材のご説明

あなたは「能力開発」で
こんな間違いを
していませんか?

これらは能力開発や自己啓発で大人気のフレーズです。

  • 大好きなことをしながら
  • ワクワクして
  • ラクして簡単に

これらを追求し続ければ、目標が達成する、夢が叶うと信じていませんか?

主語は何ですか?

あなたに質問です。先ほどのフレーズの主語は何でしょうか?

答:「私」ですね。

  • (私が)大好きなことをしながら
  • (私が)ワクワクして
  • (私が)ラクして簡単に

これを英語でme-ismと表現します。自己中心的な人の考え方、自分本位や利己主義とも表現できます。

なぜ多くの人が勘違いをするのか?

このワクワク系が自己啓発の分野でメジャーになり、お叱り系は少数派になってしまっているからです。

子どもの運動会の徒競走で順位を決めない。あの流れの大人版です。

最近の自己啓発・能力開発系のセミナーは、受講者を”学んだ気にさせる”のが大半で、実際には受講者はほとんど何も学んでいません(運動会で子どもを競争させた気にさせるのと同じ)。

要は、受講者を「いい気分」にして帰すだけ、、、。

その証拠に、セミナー中やセミナー受講後2、3日はやる気が出るのですけど、すぐに受講者は元の思考パターン・生活パターンに戻ってしまいます(やっぱり、やる気ができない状態に)。

健康ドリンクを飲むと、やる気が出た気になるのと同じです。飲んだ後に「カッ」と目が覚めるように、大量のカフェインが入っているのです。

独りよがりで成功できるの?

そもそも論として自分以外の相手(you)や顧客(customers)や社会(society)に注意を向けないワクワク系の思考パターンの方々は、社会的に成功しているのでしょうか?

それとも成功していないのでしょうか? もちろん後者です。

独りよがりの男性が、女性にモテないのをイメージすればわかりやすいでしょう。

興味の対象が自分(英語なら”I”)にしかなく、視野が狭いからです。こういう一人称の思考パターンの持ち主は、人間関係でもビジネスでも成功するはずがありません。

ニセモノ vs. ホンモノ

ワクワク系が氾濫していますから、

「こっちのワクワク系の先生とあっちのワクワク系の先生、どっちがホンモノかな?」

と右往左往している情報弱者ばっかりじゃないですか!?

ニセモノAとニセモノBを比較しても、結局ニセモノからしか学べないのです。ニセモノから学んだあなたは、所詮ニセ○ノになる運命。

要は、あなたに耳障りのいいことを言う人たちは、みんなニセモノなのです。

もう一度書きます。

  • 大好きなことをしながら
  • ワクワクして
  • ラクして簡単に

みんな聞き心地がいいでしょう(ワクワク○欺か!?)

スーパーカー業界のイチロー

さて、日産GT-Rプロジェクト総責任者だった水野和敏氏をお迎えして、2019年6月16日に講演をしていただきました。

念のために説明させていただくと、あのファラーリやポルシェが教科書にするマルチパフォーマンス・スーパーカーのGT-R(R35型)をたった2年半で開発してしまった方です。

あのカルロス・ゴーン日産元CEOに「Mr. GT-R」と呼ばれていました。

例えるなら、世界の自動車業界(特にスーパーカー業界)のイチローです

スーパーカーメーカーとはフェラーリランボルギーニマクラーレンポルシェなどを指します。

イチロー選手が日本から本場アメリカのメジャーリーグに移籍したとき、アメリカのどのスポーツ評論家も「あの体格ではメジャーでは成功できない」と懐疑的でした。

しかし、その後のイチローの活躍はご存じの通り。年間最多安打記録をはじめ、数々のメジャー記録を塗り替えました。

「日本車」と言えば、世界的に「安くて壊れない」というチープなイメージしかありません。唯一、高級車としてレクサスは知名度がありましたが、スーパーカーの分野では皆無。

売上高ランキングで世界第1位(生産台数第3位)のトヨタでさえ、スーパーカーでは成功していなかったのです。参照『【2018年版】世界自動車メーカー売上高ランキング

そこに、日本でも弱者(トヨタ以外はすべて弱者)の日産が、スーパーカーの分野に殴り込んで、日産が勝つなんて誰が想像したでしょうか。

ドイツにあるサーキット・ニュルブルクリンクで、GT-Rがポルシェよりも速いタイムを出したとき、ポルシェの幹部は「インチキだ!」と、マスコミに言いふらしたのです。

参考記事『Porsche questions GT-R Ring claim

これが水野さんの功績です(他にもヨーロッパの自動車メーカーがお手本にしたプリメーラなどがあります)。

私の情報がウソだと思ったら、トヨタのク○ウンでも、プ○ウスでも、ベンツやBWMの車種でも何でもいいです。開発責任者のお名前を知っている車種があったら、挙げてみてください。

1人も思い浮かばないでしょう。

Nissan GT-R = Mr. Mizuno。これほど世界的に有名な自動車エンジニアは、現在ほかに存在しません。

「すべては人のためだから」

水野さんが冒頭におっしゃったのが、「すべては人のためだから」

君たちは自分のことばかり考えているから、成功しないんだ!」という意のことをおっしゃり、受講者は叱咤されました。

会場は一瞬「シーン」となりましたが、その後、どうして自分以外の人のことを考えてしゃべり、行動し、仕事をしなければいけないか、詳しく説明していただきました。

叱咤された受講者たちは、最後には明るい笑顔で帰って行きました。なぜならば、自分の思考パターンの間違いを本気で指摘してもらったからです。

精神的に往復ビンタをしてもらって、「目が覚めた」という感じの表情です。

「自分のために」が成功できない原因

  • お金持ちになりたい
  • 成功したい
  • 有名になりたい

もうおわかりですね。

  • (自分が)お金持ちになりたい
  • (自分が)成功したい
  • (自分が)有名になりたい

この「自分のために」の思考パターンのままでは、成功なんて無理だし、自分をブランド化することも無理と、水野さんはおっしゃっています。

「自分のことばかり考えている人はストーカー。相手のことを考えて、はじめて恋愛なんだ」とも。

自己中心的でうまくいくとでも?

一般論ですけど、自己中心的な考え方のままで、成功するのですかね?

自己中の人を、周りの友人・知人は応援してくれそうですか、応援してくれなさそうですか?

おそらく、後者でしょう。

と言うことは、自己中の人は周囲の協力なしに、自力で夢や目標の達成をするのですかね?

達成する確率が低そうなのは、容易に想像がつきます。

その証拠に、自己中なのに、上手く行っている人って、あなたの周囲にいますか?

まず、存在しないでしょう。

あなたが、まだ理想の自己実現ができていないとしたら、、、

それは、方法論の問題ではありません。勉強法や継続のやり方の問題ではありません。

そもそも論として、あなたの自己中心的な思考パターンの問題です。

要は、土台の考え方が腐っていたら、腐った結果しかアウトプットできない。

「それを言っちゃおしまいよ」の寅さんの名セリフに。

考え方を変えたくない人は、ずっと腐った果実(状況)をお楽しみください。

思考パターンは自分で修正できます

「自分のために」ばかりを考えているから、目標を設定しても全然実現しないのです。

その証拠に、自己啓発オタクのあなたが、どんなにたくさんの自己啓発書を読んでも、セミナーに出ても、ほとんど結果が出ていないでしょう。

水野さんによると、発想法が根本から間違っているからです。思考のベクトルが180度狂っています。

スタートラインは「すべては人のため」です。「自分のため」ではありません。

1日たった15分

「1日30分」と言いたいところですが、1日たった15分で構いません。水野さんのご講演を聴き続けてください。

ご自身の思考パターンが根本から間違っていることに気がつくはずです。音声ファイルは複数のファイルに分けていますから、1日1ファイルで構いません。

これならどんな怠け者でも聞き続けられるはずです。

合計5時間30分超えのコンテンツ

教材のコンテンツは以下の2つで合計5時間40分です。

  1. ご講演の音声(2時間50分)
  2. 講演のハイビジョン動画(約2時間50分 限定サイトで公開)

1人でも多くの方にホンモノを聞いていただきたいので、この価格設定にさせていただきました。

音声だけではホワイトボードの説明などがわかりませんので、無理を言って映像を撮らせていただきました。

映像は情報量が多いのですが、通常は1回しか観ないのが難点です。一方、音声は”ながら”勉強ができるので繰り返し学習に向いています。

最初に講演の映像を観ていただいて、その後に通勤時間などに繰り返し音声教材を聞いてください。

オススメする方、向かない方

こんな方にオススメします。

  • 自分を変えるきっかけを作りたい方
  • ワクワク系のセミナーに出席しているが結果が伴わない方
  • ホンモノの情報に触れたい方

こんな方には向きません。

  • 厳しく指摘されるのが苦手な方
  • ワクワク系が好きな方
  • 結果重視よりも仲間作りが好きな方

水野さんのご講演の内容とは?

  • ホントの世界で生きろ!
  • 車を作るのではない。○○を作る
  • 大切なのは○○思考
  • ○○したら失敗するはずがない!
  • 未来とは○○を見ること
  • こんな人は雇わない!

講演に出席されたお客様のレビュー:

ホンモノのインフルエンサーです!

「ホンモノの方でした。あの方こそホンモノのインフルエンサーです!

古市先生のおっしゃる通り会社から行かされるセミナーとは全く違ってました。所謂プロのセミナー講師の方とは違い、現場を持ちそこで積み上げられた実績からくるお話は生々しいですね。

聴き入るとは正に昨日の様な場を言うんだと思います。2列目だったんで安心して頷いてたら、これも仰る通りいじられました(笑)。

兎に角時間が短すぎます!古市先生!

私なぞどうせ飛行機で往復するんで泊まりありでも問題ないです。2回目?やって頂けるのなら完全版お願いします!予約します!」K.S.様 男性

熱意と情熱に頭が下がるばかり

「数々の名車を誕生させ畑違いのレースでも輝かし成績を残した水野和敏さんの講演を聞き、取り組んできた事への責任と解決するためへの変わらぬ熱意を67歳の現在からでも大いに感じる事ができた。

今や世界の名車の代名詞となったGT-Rや携わった車を生み出す際に社内を敵に回しても尚、お客様が感動する車を作る事への熱意と情熱にはただただ頭が下がるばかりでした。

全ての事柄が表と裏で成り立っている事は、言われてみれば当たり前の事ですが、それがわかっているつもりでも、片方の考え方から抜け出せずに過ごしてしまい、そこから真実を見極める事は自分にはまだできそうでできない。

そのためにも今回聞いて学んだ事と柔軟に考える事、お客様に対する気持ちを考え直して、これからの仕事に取り組んで行きたい」A.H.様 男性

すごすぎるの一言

「先日はありがとうございました。最初の『何のために話すのか、書くのか?』

それは相手に伝えるためという答えを聞いたとき、はっとしました。というのも話したり書いたりは今までいていたものの、相手に対してという意識はしてこなかったからです。

他にもいろんな質問も水野さんの答えは自分とは違ったものでした。いかに自分が考えてこなかったのかがわかりました。

非常識な本質』を読んでいたものの、すごすぎるの一言です。ありがとうございました」M.O.様 男性

頭にガツンと来る講演

「ただただ思考の深さに圧倒されました。正直、水野様のように物事の本質を考える事が出来る人って何人いるんだろうって講演を聞いてて思いました。

参加された方はわかるかと思いますが、話の深さに2時間なんてあっと言う間に過ぎました。それだけ濃すぎる内容でしたし、自分の思考の浅さが認識できました・・・。

『どこを向いて仕事しているか?』それを常に考えて仕事をしていきます。

最後にやっぱり書くことは重要なんだと講演を聞いて再認識しました。あたまにガツンと来る講演本当にありがとうございました」H.N.様 男性

あっと言うまの怒涛で楽しい3時間

「古市先生から事前に心構えや注意点をいただいておりましたが、当日の講演は予想をはるかに超えるものでした。

講演はとても気さくで、話も固くなりそうになると和ませていただいたりそうかと思えば受講者に方に突然質問したりと気は抜けませんでしたがあっと言うまの怒涛で楽しい3時間でした。

講演前に『非常識な本質』を拝見しておりましたが、良い意味で講演の内容は思っていたこととは全く違いました。

迫力が違います、もう『生』で『世界一のエンジニア』の『話を聞く』ということはこんなにもすごいことだったのかと。講演開始からすぐに圧倒されました。

・言葉の一つ、一つの重み
・話のスケール
・物事の考え方
etc。。。

もう何て書いてよいのか、分からないぐらいのボリュームです。

もし感想に、『新しい気付きがあった』『受講料○○円では安すぎる』なんて事書いたら水野さんがっかりしてしまうだろうなと。なんでかと聞かれたら、今回の講演を聞いたらわかるとしか書きようがないです。

確実に分かったのは、私は『バカなストーカー』だったと言うことです。

受講者からの『一番とは何かについて』の質問についての回答は衝撃です。確かにそりゃそうだと思いますがここまでシンプルにかつ分かりやすい言葉はないなと。

本当は休憩中や講演終了後に周りの方と名刺交換でもしようかと考えていましたが、あまりの講演のすごさに自分の中で消化しきれずアタマの中を整理したかったのですぐ帰宅して感想を記載していますが全然纏められません。

今回、このような講演をセッティングいただきました古市先生、そしてスタッフの皆様本当にご尽力ありがとうございました。心より感謝申し上げます。二回目の講演がございましたら是非参加させていたきます」横山様 男性

虜になってしまいました

「水野和敏様が講演会場に入って来られて、近くを通り過ぎた時、オーラを感じました。すごい実績のある方にも関わらず、物腰が柔らかい方だというギャップに驚かされました。

私がお目にかかった偉人では稲盛和夫氏も同じでした。そのギャップを実感したとき、虜になってしまいました。

そして、人の為、お客様の為にはどうしたら良いのかという事を物凄く考えていらっしゃる方だと感じる事ができ、私ももっと水野和敏様のように、とことん徹底して人の為に考えなければならないと思いました。

古市幸雄先生、このような講演会を開催して頂き、ありがとうございました」D.H.様 男性

あっという間の講演

「本当に、時間があっという間の講演でした。

正直、話の内容についての整然とした感想を書くことは無理そうです。そのくらい、内容のレベルが高く、それ以上に、水野様のパワーが凄かったからです。

始まって最初に『何のために話し、何のために書くのか』というお話があり、そこでの回答から始まって、徹頭徹尾貫かれるアウタースケールでの視点・・・

ただ呆然と、自分がいかに至らないかを痛感させられるだけでした。

しかも、要所要所で笑わせてくれる小粋なジョークも挟まれており・・・こんな所にも講演を聞いている我々に対するアウタースケールの視点が感じられました。

本当に、徹底されている方というのは、こういう人のことをいうのだと、強く感じました。

今回の講演ではっきりと感じたことは、自分の小ささです。

ただ、水野様の本の中でも、お客様との出会いで変わったというお話があったように、今回の講演をきっかけに私も少しでも変われればと思っております。本当にありがとうございました。」T.A.様 男性

追伸:
GT-Rが欲しくなってしまいました(苦笑)。

パワーをビシビシ感じた3時間

「水野さんのパワーをビシビシ感じた3時間でした。

講演は素晴らしかったのですが、私達受講者の理解力、心構えのレベルが全く届いておらず、非常に申し訳ない気持ちでした。

水野さんの仕事に対する努力や心構えのレベルは、私達と全く違います。

『顧客の感動』のために、そこまで細かい部分までこだわって仕事をしているのかと驚くエピソードが満載でした。

『私の仕事は顧客感動につながっているのだろうか』と深く考えるきっかけになりました。

今まで漫然と仕事をしていた自分が恥ずかしくなりました。まずは次工程の担当者が感動するような仕事を心がけます。

古市先生、このような機会をいただき、ありがとうございました。2回目の講演会も是非お願いします」H.S.様 男性

次元が違う

「事前に『メモは取らずに』という連絡を頂いていたので、机には何も出さずに水野様の振舞いを見ていました。

講演が始まってすぐに感じたのは『次元が違う』でした。

今まで読んだどの本よりも、どんな講演よりも圧倒的な情報量とエネルギーで頭がパンクしました。

特に衝撃だったのは、水野様がプライベートでGT-Rに乗っていないという話でした。

『好きなことを仕事に』とよく言いますが、それがニセモノだったことを思い知らされました。

他にも多くのことを学ばせて頂きましたが、時間が経つにつれ記憶が薄くなりますので、リリース頂く教材を購入し何度も見て腑に落としていきます」M.M.様 男性

「凄すぎる」としか表現できず

「今回の講演会、愛知県から参加させて頂きました。帰りの新幹線の中で自分がどっと疲れているのが分かりました。

それは水野様の講演内容が『凄すぎる』としか表現しようがなく、水野様のパワーに終始、圧倒されてしまったからです。

3時間の講演は情報量が非常に多く、かつ密度も非常に高かった為、あっという間でした。

最後に水野様の仰られた『言ったこと全部はできないだろう、でも1つでも2つでもモノにして欲しい』を心に刻み、今後の自分の人生に生かしていきたいと思います。

今回、古市先生がこの講演会を企画して頂かなければ水野様の話を一生聞く機会がありませんでした。古市先生、本当にありがとうございました」T.M.様 男性

『圧倒!』の連続

「事前に著書を読んでいたのでおおよそのイメージで水野さんの講演会出席しましたが、一言で表現するなら『圧倒!』の連続でした。

世界に通用する思考とは?を楽しみに拝聴させていただきましたが、目からウロコ、そして大病を患われたと思えないような物事に対する熱い情熱家でもあり、人間の本質に立ってブランド力をどう高めるか?を懇切丁寧に教えていただけた3時間でした。

そしてこの講演を通して、常日頃から古市先生が仰ってる様々な成功メッセージと重なる部分を発見できました(引き算で考えること、人との繋がりを大切にすること、時の経過に対する敏感さ=早くやることが肝、などなど)。

そして水野さんが熱く語っていた話の中で興味深かったのは、目標設定の着眼点が早期から『世界』を意識した大きな設定であったことです。

古市先生も教材の中で一本橋の例えを使って話しておられましたが、目標を達成するためには長期的な観点で!

尚且つ大きな目標に向かって取り組むことの大切さを改めて教えていただきました(これは渡邉社長さんも仰っていたように大ホラを吹くという考え方とも共通していたように感じました)。

最期に忘れずに心に刻んでおかなければならないキーワードを挙げるならばやはり『すべては人のため』という言葉です。

聞き慣れたような言葉であり、薄っぺらく感じていましたが、僅か3時間の中でその本質中の本質を教えていただき、本当に素晴らしい講演でした。ありがとうございました」M.M.様 男性

世界最高レベルの結果を出してきた人の言葉・思考はスゴイ

「『世界最高レベルの結果を出してきた人の言葉・思考はスゴイ…』の一言に尽きます。話す内容が心にズドン、ズドンと響くものばかりで完全にノックアウトされました。

特に『バカ!』と言われると、自分に言われているようでビクッとしてしまいましたが(笑)。

物事に対して深く深く考えていなかったことに気づくことができましたが、これはホンモノの思考に触れないと気づかなかったでしょう。生で聴けたことは、私にとって大変貴重な時間でした。

『車の開発が好き!』という人が自動車業界では当たり前と思っていましたが、水野さんは『車の開発が好きというわけではない。お客様がアメージング!、スゴイ!と感動してくれることを想像してお客様が欲しいものをつくっている』、ということを聞いてとても印象的でした。

あまりにもレベルの差があり過ぎて何から実行すればよいかパニックになりますが、1つでもマネをして自分のスキルにします」Y.H.様 男性

「お前らの考え方は、全然甘い!」

「本講演会を通して得た感覚をまとめると、『お前らの考え方は、全然甘い!』と説教された感覚でした。

約3時間の講演は、内容が予想以上に盛り沢山であり、消化不良な部分は正直ありましたが、成功する人の一挙手一投足を生で拝見できただけでも、参加した甲斐がありました。

成功する人の熱量を間近で感じる事ができ、ホンモノに触れることの重要性を認識できた講演会でした」yossy様 男性

まさに生きたアート作品

「何度も聴き返したい。まさに生きたアート作品でした。私たちの思考の枠を取り払ってくれる重要な内容を話していただいたと思います。

最も伝えたい事は始めの段階で伝えていたと思います。未来と過去をキーワードに分かり易くそれを伝え、私達の培って来た思考パターンをも説明してくれています。

命がけの開発秘話や聴衆者への問いかけで見えてくる、私達と一流との思考ギャップが刺激的でした。

一貫して水野氏の生き方の軸には、ある信念あって、それを貫かれているのだなと感じることができました。常に聴衆を笑わせる姿勢からもその軸が伝わって来ていました。

考えている次元の高い信念に、自分の生き方が幼稚なもので、自己満足なもので恥ずかしものと感じることさえありました。

理解しきれないところがいくらかありましたが、後に何度も聴いてそのエッセンスだけでもスポンジの様になって全身で吸い取りたいと思わせてくれる内容であったと思います。

『変化を測るのが時間』、こんな哲学的な観念考えたことありませんでした。

時間とは変化を測るためだけにあると考えたら、今流れている時間は、何かに挑戦する者達にとっては、何時でも挑戦を受け入れる伴走者になってくれている味方のようなものと考えているのかと。

私にはその様に思えました。この方は常に時間を使って比較挑戦しろと言っているとそう感じました。本質を追い求めて、世界で生きて来た方だからこその含蓄のある言葉達に、私のエンジンにも火が付けられました」D.M.様 男性

何回でも聞きたい

「水野さんのご講演を聞いて印象深かったのが、頭の中を真っ白にして考えることから生かす発想です。

よく商売ではヒット商品を真似して作ったりして考えていくのですが、水野さんはその考えに真っ向から反対して新たな車を作っていく。

独りよがりではなく、他人が欲しいものを作ることを常日頃から考え、どんなメーカーにもそして自社にも負けない精神に感銘を受けました。

講演を生で聞いて、いろんなことをたくさん学びました。教材が出たら購入して何回でも聴いて今後の人生や発想に役立てたいです。

内容が濃すぎて3時間にわたり講演および質疑応答があっという間でした。教材が発売されたらみなさんに購入してぜひ聴いていただきたいです」N.S.様 男性

変化を進化に

「『チャンスは人が運んでくる』と言われるが、ビジネスだけでなく、社会人として、人として成長できるチャンスを与えてくれるのも『人』だろう。

今回の公演では、水野氏の華麗なる成功、壮絶な闘い、そして、変わらない信念、それらを書籍でなく、ご本人の言葉で、ご本人のエネルギーで伝えていただくことができた。

比較にもならないが、水野氏の成功、戦い、信念と比較して、自分は取るに足りないものであり、改善や努力の余地しかなく、失うものなど何もないのだと思い知らされた。

水野氏は、時間は変化量だと仰った。そうであるならば、残りの時間、変化し続けることが可能だろう。

その変化が、劣化ではなく進化であるよう、『直接出会う』学びを大切にしていきたい。古市先生、貴重な講演会をありがとうございました」 M.N.様 女性

頭をガツンと叩かれた

「頭をガツンと叩かれた位、人生観が変わったと思います。凄い熱量で、圧倒されっぱなしでした!!

ブランドを持てることは、その人の価値が会社を離れても認められること。

その為には問題の本質を自分なりに見抜き、お客様の為に問題解決を価値を提供することを考える人材になること。

価値とは既存のwant積み上げではなく、変化し続ける顧客のニーズに先行して期待を提供することを考える力が必要と認識しました。

価値を提供するためには、変化が必要となり既存の組織とはぶつかるため賛同者はいないかもしれないが、既存ブランドを持つ先行者と比べるとそのブランドを形成した要素に縛られることがないため最短距離で考えられる優位点であること、など、私達を勇気づけしてくれる言葉も沢山頂きました。本当にありがとうございました」 Y.K.様 男性

追伸
ぜひ、古市さんの解説、感想もお聞きしたいです。私達にとって尺度になるのは古市さんのため、古市さんでも考えられていないことなら、我々から見るとそれだけ凄い事だと、理解出来るためです。

ライブじゃないと難しい!

「ライブじゃないと難しい!

水野さんの持つ波動が、生で伝わって来た感じです。水野さんの動画を見たり本を読んだりしましたが、やはりライブは熱量が違います。言葉で説明できない、何かがあります。

講演会の次の日、いつものように出社しましたが、今までと違い、業務に対する逡巡から解放されました。

本質を見極めようとする姿勢を持つだけで、優先順位が自ずと定まります。一体今までの仕事はどこを見ていたんだろう?

人類は架空を操る脳力を身に付けました。想像力は、ある種の人をウツにし、ある種の人を成功に導きます。人類がせっかく勝ち得た想像力を、自分の不安を増長するために使うのは、愚かしい行為です。

しかし多くの人は(今までの自分も含め)、その不安のスパイラルの中で働いています。

僕が水野さんから学んだキーワードは、『人のため』と『新しいことは98%失敗する』です。たったこれだけで、不安のスパイラルから抜け出すことができました。

水野さん、そして講演会を設定していただいた古市先生、ありがとうございました」H.M.様 男性

自分が恥ずかしい

「自分が恥ずかしい。こんなにも自分のレベルが低いことに、正直嫌になりました。

10年間古市先生の教材を聞いたり、セミナーに出たりして、少しはできる気になっていました。

まったくの勘違いでした。目標設定の高さ、本質を深く掘り下げることなど、すべてが別次元でした。

自分は今まで何のために自己啓発をするのか、府に落ちませんでした。今回セミナーで分かったことですが、本物の人と付き合いたい、そしてその中で自分が本物の人になりたいと思いました」かわら様 男性

すべての答えは「お客様のために」

「”すべての答えはお客様のために”。

今回の講演を通じ、水野さんがいかにアウタースケールを意識し様々な経験をされてきたのか強く感じる事ができました。

お客様が、いつかGT-Rに乗り幸せを感じて頂ける車を完成させる事を想像し、最終的に世の中に出すために必要な様々な責任を自らが全て負う。

例え、日産が会社を挙げて水野さんの様々な行動を阻害する動きがあっても、自らの信念(アウタスケール)を曲げず取り組まれてきた行動には感動しました。

水野さんが最後に言われた、『時間は有限ではないが、皆さんにはまだまだ時間がある。』には本当に色々な意味が含まれていると考えています。

今、私の企業は「お客様視点(アウタースケール)」から「社内視点(インナースケール)」での会話が多くなり、この環境を昨年度から大きく変えていきたいと自ら旗を揚げて行動していました。

今回の講演(著書)はその行動に対して大きなヒントを頂けました。今回の講演で時間の関係で詳しくご説明頂けなかった部分含め、是非第二回講演も開催頂きたく、ご検討をお願いします」Dakar233様 男性

常識に囚われている

「『常識に囚われている』

今まで自分が考えているようで、全く考えていなかったことに気付かせて頂きました。

水野氏が、いかに顧客が喜ぶ物を創造しているか、そのためにどれだけ自分に負荷を掛けているのか。片鱗を感じさせて頂きました。

水野氏は『バカになれば、何をやっても許される』と言われていました。しかし、土台にあるのはエンジニアとしての圧倒的な知識。

その業種で突き抜けた能力という土台がある上で、そこからさらに『失敗を恐れずに挑戦して』、『逆風に向かい』、『顧客視点を考え続け』、『圧倒的な努力を積み上げる』。これらを繰り返しているので、世界で戦えるのだと思いました。

考えるという言葉の意味を、振り返る貴重な機会になりまいた。自分自身、独立して4年目ですが新たな企業を考えています。

しかし、特に失う物もないのに失敗を恐れて、ただただ何もやらずに現状維持。そんな自分に気付かせて頂きました。これからは格好つけず、泥臭く、失敗を恐れずに挑戦していきます」K.N.様 男性

プロ意識は凄まじい

「あまりにも凄い講演でした。とにかく水野先生のプロ意識は凄まじいです。

著書の『非常識な本質』を読んだ上で出席したにも関わらず、エネルギーと情報量に圧倒され通しでした。

日本の自動車業界を代表するような方のお話を間近で聞けて、自分とのレベルの差を痛感するのは当然ですが、本当に刺激を受けました。自分の仕事ぶりの甘さ、幼稚さを思い知った次第です。

聞いた後では仕事への意識、取り組み方が大きく変わる講演でした。水野先生にも、企画して下さった古市先生にも感謝しております。ありがとうございました」J.K.様 男性

「考えて」いなかったかを痛感

「今回、水野先生の講演を聞かせていただき、いかに自分が『あほ』なのか、『考えて』いなかったかを痛感させられました。

考えて考えて考え抜いてこられた先生の放つ言葉は、物事の核心をついていて、身に染みるものばかりでした。

自分で考えること、素直に正直に考えること、本質を考えること、当たり前だけれどその当たり前を自分も、そして周りもやっていない。この事実を知ることが出来たこの講演は、私にとって人生の指針となりました。

講演をしてくださった水野和敏先生と、開催してくださった古市幸雄先生に心から感謝いたします。本当にありがとうございました」Y様 女性

責任回避をしていることを思い知らされた

「世界一の事例がもたらす説得力、そして何より水野様の情熱あふれる語り口、まさに圧倒的で予定の3時間があっという間でした。

お話を伺って私自身を振り返ると、自分で自分にタガをはめ、最終的な決断は自分が行なっているにもかかわらず他責にしたり、世間や会社の常識を基準に自分ができない、あるいはやらないことの言い訳にして責任回避をしていることがいかに多いのか改めて思い知らされました。

つまり、自分中心に考え行動しているわけですが、だからといって水野様のように殻を破ることもできないで無駄に時間を浪費してしまっていることが多い状況です。

物事は一朝一夕にできるわけではないので、小さなことをコツコツと積み上げて継続していくしかないのも事実です。

しかし、最小のヒト、モノ、カネ、時間でも、熟考し適切なやり方で取り組めば、短期間でこれまでになかった、そして世界一の成果を生み出すことが可能であることは、水野様のこれまでの業績からも明白です。

要はやるべきこと(目標、ゴール)を決め、やり方について熟考を重ね、そして圧倒的な行動力と集中力でやり続けるということにつきるようです。

他人や社会に文句を言っている暇があれば、自分のためだけでなく、世のため人のために少しでも役立つことを考えた行動が習慣化できるよう意識を変えていくことにしよう」K.H.様 男性

解説音声を聞かれたお客様のレビュー:

この講演をきっかけに、たった1ヶ月で転職に成功

「『自分をブランド化する創造思考と評価軸』に関しまして、水野様と古市先生にお礼をさせて頂きたいと思います。

何故かと言いますと、この講演をきっかけに、私は仕事を変える決断をして、そして行動した結果、来年から希望の仕事をさせて頂くことになったからです。

なぜそのような決断をしたかと言うと、水野様の講演での『あなた方は全員精神分裂症だ。』という言葉に深く衝撃を受けたためです。(正直に言いますと怒りを感じました。。。その後の古市先生の解説にも。。。)

頭では為になることを言ってくださっているのは分かっているのですが、このなんとも言えない怒りの感情は止められませんでした。

それ以来、この怒りは何なのか、ずっと音声を聴きながら考え続けました。

そして20回目くらいでしょうか、聴いている途中にふと気づいたのは、『それって全く今の自分の事なんだ。図星だから怒りを感じたんだ。』という情けなくもシンプルな事でした。

自分は今の仕事に満足していない。不満があるにも関わらず、お茶を濁しながら日々の仕事をこなし自分に嘘を付き続けた結果、いつの間にかその不満自体も感じなくなっておりました。

水野様の講演での真っ直ぐで飾りのない言葉によって、そういった見えない理性の壁が突き崩され、素の自分が顔を出したのだと思います。

まるで、名ピアニストのコンサートやジャズの名演を聞いたあとの様に感情が動かされました。

そして、この怒りの感情が何であるのかを理解する手助けになったのが古市先生の解説でした。

まるで、名演を見事に解説したライナーノーツを読んだ後のように、静かな感動を伴いながら理解しておりました。

この講演と音声教材がなければ、不満を持ちながらも今の仕事を続けていくという、精神分裂症状態を維持したままの自分でいたことは間違いありません。

そしてそのまま人生を終わっていたのだと思います。

仕事を変えようと決断し行動したら、1ヶ月足らずで、希望の仕事をさせて頂くことが決定致しました。

正に『思考は現実化する』ですが、あまりに早く現実化してしまったので、実感が追いついておりません。

この講演・音声教材は私の人生を変えてくれたといっても過言ではありません。

これからは、人の為に如何に自分の思考をコントロールするかを念頭に、日々精進していきたいと思います。

我々が今生きている現代は、大人のロールモデルがいない時代だと聞いたことがございます。

その様な時代を生きる我々にとって、水野様はこんな生き方をしたい、こんな大人になりたいと憧れを感じさせる、大人のロールモデルのいない時代の救世主であると思います。ありがとうございました」K様 男性

教材価格の0が一つ足りないような気も

「お盆期間中に毎日拝聴させていただきました。(休む間もなく、仕事と勉強しかしていませんでしたが・・・)

本当にこんな価格で購入させていただいてよかったのでしょうか? 0が一つ足りないような気もしますが・・・。

どなたかが、『次元が違う』とおっしゃっていましたね。

私は講演会に申し込んでおきながら身内の不幸で参加できなかったのですが、この教材に出会えた幸運に感謝したいと思います。

次元が違います。これを聞いて(聞くだけではだめですが)、行動を起こしたかどうかで、人生変わりますよ本当に。

当日参加できなかったことが悔やまれますが、限定の動画までいただき、本当に本当にありがたいです。

でも、古市様の解説がないと、ちょっと難しいところもありましたね。解説(及び叱咤叱咤叱咤(笑))付きでこの価格はありません。

繰り返しになりますが、本当にいいのでしょうか・・・。

振り返れば、自分の過去の成功は、どれも3○○でした。

  • 社会の役にたって自分の未来を共にしたいと思ったからホスピタリティ事業に入ったし
  • 父と母に心配をこれ以上かけるのは申し訳ないし自分も嫌だから転職したし
  • この人と一緒に幸せになりたい、幸せになってもらいたいから妻と結婚したし
  • 会社の未来を切り開きたいから新しい事業を強引に立ち上げたし

我ながら宗教っぽい(古市教(笑))こと書きますが、途中で少し涙してしまいました。

新規事業が社内の反対で壁にぶつかっていたのですが、よく考えたら反対している人たちはみんな『過去』の話ばかり。

リスクがあるだろとか、昔こういうことがあってだなとか。

こちとら会社の未来を切り開いて、後に続く若手社員が夢を見れるような楽しい会社にしたいだろうが、と思うわけで、背中もぐっと押していただきました。

次回の教材は関連教材でしょうか。家庭内予算委員会にて決裁を通してまいります。まずは取り急ぎ、心より感謝を込めて』H.D.様 男性

本物による本物の解説

「今回の解説をお聞きし、

  • 水野さんは『本質をとらえ最短距離で愚直に解決に向け行動し続ける』本物であり
  • 古市さんは『物事を体系的に捉え、私たちに分かる言葉で伝える』本物である

と認識しました。

水野さんの講演の内容のには沢山のメッセージが込められ、また情熱的な印象から先に感性が揺さぶられるため、受け取る私たちには内容を論理的に解釈することが追い付かないレベルでした。

対して、古市さんがわかりやすい3つの軸で体系化し、それぞれ噛み砕いて頂き、また心に刺さる表現で解説頂いたおかげで、理解が深まりました。

古市さんが『私も車を設計しようとしても水野さんのような逆算が出来ず、やはりエンジンからという積み上げ思考をしてしまう』と、おっしゃっていたのも印象的で、私たちの視点に立った解説をしてくれていると感じました。

そのため、今回の解説はまさに、本物(古市さん)による本物(水野さん)の解説、だと思いました。

以前講演を開催頂いた渡邉社長が『目標を詳細な行動に分解して確実に実現する』本物だったと思います。

関連を持たせると、水野さんの思考で最短距離を考え、渡邉社長の思考で確実に実現していくようなイメージが私たちにも想像できたと思います。

○○できることは実現できること(思考の現実化が可能)だと思うので、私たちの人生にとって相当なヒントであり、きっかけだと思います。

本当にありがとうございました。今後もぜひ本物の講演を行っていただき、私たちの思考をより良いものにして頂く機会を与えて頂けたら嬉しいです」くろちゃん 男性

「水野劇場」には解説が必要

「講演を受講し、水野さんの深い洞察力と顧客視点に感動を受けました。また、私達受講者の理解力、心構えのレベルが全く届いていないことを痛感しました。

ご講演を聴き直し、古市先生の経験と具体例を交えた解説を聴いて、水野さんのメッセージがやっと理解できました。

他の映画解説教材と同様に、『水野劇場』のメッセージは古市先生の解説なしに理解するのは非常に厳しいと思います。

水野さんの思考レベルが高すぎて、私たち凡人の思考レベルでは咀嚼できないためです。

私達凡人が、なぜ成功できないのか?

私達はこんな自分本位の甘い思考で目標を立てます。

  • 『自分がこうしたい』
  • 『カッコよく成功したい』
  • 『人に応援されたい』

それに対して、水野さん、古市先生は

  • 『君たちみたいな自分本位の思考では永遠に成功できない!』
  • 『成功の本質は顧客思考だ!』

と断言します。

こんなにはっきり叱ってくれる人が周りにどれだけいるでしょうか。

『成功しないのは、やり方があなたに合っていなかったのです。こんな新しい教材があります』と言ったほうが、自己啓発教材としては儲かるはずです。

水野さんも古市先生も、どれだけ嫌われようと、周囲に反対されようと、本気で覚悟を決めて、顧客のために徹底的に邁進する姿勢は共通しています。

  • 課長はなぜ課長なのか、部長はなぜ部長なのか?
  • なぜ結婚できないのか?

具体例を挙げていただき、全て『思考は現実化する』なのだと腑に落ちました。

「思考は現実化する」を解説する』『「思考は現実化する」を科学する』でわかったつもりでしたが、まだ甘い考えを持っていた自分が恥ずかしくなりました。

お伝えいただいたメッセージを一つ一つ実践していきます。

古市先生は最近『「思考は現実化する」を解説する』『「思考は現実化する」を科学する』でホームランを連発されていますが、本教材も間違いなくホームラン級です。

教材の価格に対して高い、安い、という次元の話ではなく、『成功の本質を解説した他にない教材』です。自分を見つめ直すきっかけをいただき、ありがとうございました。

水野さん(監督)×古市先生(解説者)の最強タッグのご講演、2回目も是非お願いします」H.S.様 30代男性

これだけでも聴く価値があり。びっくり

「てっきり、水野さんの講演を解説をしてくださるのかなと思いましたが、全くそうではなく、講演のポイントを抑え古市流の解説が加わり大変分かりやすかったです。

解説というよりも水野さんの講演におけるキーワードをもとに、成功するということについて様々な角度から話が展開されたように思います。

これだけでも聴く価値があり、正直びっくりしてしまいました。是非聞いて頂きたい内容です。

水野さんの講演では、熱量がすごすぎて少しずつ聴かないとげっそりしてついていけないですが、古市さんの解説は分かりやすさをブレンドしたように思います。

この解説を聞いた後に、水野さんの講演を聞くと理解が優しくなったように思います。

「○○視点を上げろ!」これが響きました。

耐えた分だけ人は喜ぶ。人のために生きるなんて聞こえはいいですが、苦しいもの。

それを乗り越えていくためにこの解説は十分すぎる内容が詰まっておりヒントをたくさん頂きました。ありがとうございました」M.T.様 男性

強者と弱者の戦略が印象的

「もともと水野さんについては非常に興味があり、書籍およびWeb上の記事は拝見しておりました。『プロジェクトGT-R』を読んで本気でGT-Rがほしくなりました。

なので、今回は自己啓発とは関係なしに講演の案内をいただいて即座に申し込みました。

目的が違ったため、講演のフィードバックを書くにしても、本来の目的とは違った内容になってしまう可能性もありましたので控えておりましたが、この解説をきいて非常に有益でしたので感想を書こうと思いました。

やはり成功者でない自分では理解していると思っても理解していない部分が多々ありました。

印象に残っているのは強者の戦略と弱者の戦略の話でした。立場が違えばとる戦略も違うのいうのは非常に参考になりました。

とはいえ、一番重要なのはいかに他者のため考えられるかというところが、非常に大切なのは痛感しました。

ただ、自分にとって他者のために生き抜くというのは、なかなか困難であるのも感じでいますので、どこかの仏教の本にあった他者が喜ぶことで、自分の気持ちがうれしくなるをベースに生きていこうと強く思うようになりました。

解説の内容から少し外れてしまうのですが、〇〇会社の○○ではなく、個人で勝負するという話がありましたが、水野さんが超一流メーカを相手にそのような態度を貫けたのは、

あくまでも自分を信じることを裏付ける実力があってこその話だということを強く感じましたので、自分は何者なのかを強く意識して勉強していきたいと思います」M.K.様 男性

通訳的な役割で欠かせない

「やはり古市先生の解説は、講演の内容、水野さんが伝えたいことを正しく理解する上では手放せません。通訳的な感じでとても重宝しています。

どなたか講演のレビューで書かれていましたが、『価値を提供するためには、変化が必要となり既存の組織とはぶつかる…』と書かれていましたが、自分の思考は、他部署とトラブりたくない=何も変化を起こさない=一人称の思考(自分視点)だということにハッと気づかされました。

また、映画マトリックスの解説教材思考は現実化するを科学するで話されていた内容がより深く理解できたと思います。 繰り返し聞いて、思考パターンを変えていきたいと思います」Y.H.様 男性

素直に聞いた方がいい

「私も含めた普通の人は素直に聞いた方がいいです。

水野様の濃い情報を普通の人でもわかりやすく、3分類に分けて解説(古市様のお説教)いただけましたので、消化不良を起こしている状態から脱せました。

解説を聞けば、水野様の思考がより深く、より凄さが理解できます。

印象に残ったのは2番目の『〇〇で〇〇的』の箇所でした。仮に情報として知っている人はいたとしても、出来ている人は極少数だと思います。

『〇〇で〇〇的』にならないように『人称』の考えについて、丁寧に誰でもわかるような例を出して解説していただきましたので、スッと理解できました。

なお、個人的には解説を紙に書いてみることをオススメします。ありがとうございました」H.N.様 男性

解説必須です!

「購入後、解説を聞かずに改めて水野さんのご講演を聞く→解説を聞く→再び水野さんのご講演の順番に聞いてみようと思い、通勤中に聞いてました。感想は2点です。

①水野さんのご講演の時もそうでしたが、まず冒頭でハッとさせられました。

水野さんの場合は『書くのも話すのも、人のため』、解説では『水野さんは理系出身の方なので、話すことは苦手だったはず。つまり、相当に人前で話す練習、勉強をされた』と。

私も技術職出身のため、はっきり言って話すことは人一倍苦手であり、且つ、大嫌いです。

水野さんのご講演時には、なんとも思わず聞いてしまいましたが、そうじゃなかったことに気づかされ、反省しました。

その一方、話すことは練習したらできるようになるということでもあるので、相手のために話すということをもっと意識的に行おうと思いました。

②解説必須です!

そうしないと、水野さんのご講演だけでは、すぐに頭が飽和してしまって、理解が全く追いつかなかったです(アイエスエフネットの渡邉さんのご講演の方が、解説がなくても、要点が理解しやすかったです)。

要点に関連する水野さんの言葉を集めてくださったので、後で再びご講演を聞いたら、少し分かるようになりました。

そのため、しばらくは、ご講演→解説→ご講演の順番に聞いて、ポイント3つ(○○、○○、○○)のうち、まずは、もっと相手のことを考えて行動することから始めようと思いました」K.M.様 女性

「バカは逆算できない」がグサッと刺さりました・・・

少し変わった視点で感想を述べさせていただきますと、この解説音声は、思考は現実化するシリーズの総括編なのだと思います。

すなわち、

序章:『「思考は現実化する」を解説する
本論:『「思考は現実化する」を科学する
実例:「自分をブランド化する創造思考と評価軸」(ライブ)
総括:「本解説音声」

となっており、この順番で聞くことで、思考は現実化するとはどういうことか、その基本から理解し、その実践者であり、「本物」(本当にこのフレーズしかでてきません)の水野さんの生き様、考え方、に触れることで、

実例を学び、最後に本解説音声にて、古市先生お得意のわかりにくいことをわかりやすく伝わる構成力にて、総括いただける構成になっていると感じます。

私は、『「思考は現実化する」を解説する』『「思考は現実化する」を科学する』の拝聴、水野さんのライブへの参加、そして本解説音声の拝聴をさせて頂きましたが、古市先生の素晴らしい体系化力も相まって、やっと、「思考は現実化する」の意味がおぼろげながら垣間見えた気がします。

ここまで、体系立てて分かりやすい一連の教材は、絶対に他にないと思います。

人が一生をかけて体得できるかできないか(できない人が圧倒的に多いと思います)の思想をこれだけの時間的ショートカットで、ここまでリーズナブルな価格で提供されているのだから、全ての教材、絶対に買いです!

これらを提供されている古市先生は、現代版ナポレオン・ヒルであり、本当に人類を救うべく降臨した救世主でした。

もちろん、ワクワク系のエセ自己啓発であるわけはなく、本解説音声で言えば「バカは逆算できない」がグサッと刺さりました。もちろん、私ができていないからです。

教えを守り、今後は考えます、考えに考えます。いつも私の人生に指針を与えてくださり、ありがとうございます」Y.E.様 男性

(注意)

  • 外部講師を招いた教材なので返品・返金不可の商品になります
  • 古市の解説ダウンロード教材は別売り(60,000円、収録時間1時間45分)
  • 音声が途切れる箇所があります。気になる方はご注文をお控えください(サンプルを聞いてクオリティーを確認してください)

サンプル音声はこちら

追伸:
水野和敏さんと日産GT-Rのことを詳しく知らない方のために、YouTubeの動画をいくつかアップします。

GT-Rがドラッグレース(通称ゼロヨン)で1位になる様子がわかります。

ニュルブルクリンクでのタイムアタック。

2013年モデルの雪上性能テスト

水野さんをたたえるコメントがあります(13分50秒から)

商品名

自分をブランド化する創造思考と評価軸
〜 Mr. GT-R 水野和敏氏のご講演

価格

64,800円(DL版
75,600円(CD版

内容

合計5時間40分
1. CD3枚組(2時間50分 うち約9分は古市の前座)
2. ハイビジョン動画(約2時間50分 限定サイトで公開)

追伸:

1. 【ブログ】勝手に(弊社)教材ランキングもご覧ください。

2. 後日、お客様に送ったメールを抜粋。
///

ご講演が無事終了しました。(中略)

ご受講された方々はありがとうございました。「凄かった!」という表現しか出てきませんね。本当に凄い熱量でした。

どうして「凄かった!」のか?

お客様からレビューをいただきましたが、それは、ホンモノだからです!

先日、人から言われて改めて気が付きましたけど、世の中、薄っぺらなニセモノばっかりです。

・ラクして簡単に
・自分の好きなことをして成功する
・ワクワクしながら儲かる

こんなのばっかり、、、。

あまりにもニセモノが氾濫しているので、ニセモノと別のニセモノを比べて「どっちがホンモノかな?」なんて右往左往している情報弱者ばっかりじゃないですか!?

自己啓発”放浪”オタクが、まさにそう。

私は決意しました。ホンモノのハブになろうと。衣服にたとえると、ホンモノのセレクトショップになろうと。

私が口酸っぱく言っても、ほとんどの人が変わらないのは、ホンモノに触れていないからです。

水野様のご講演を聞いて、どれほど私たちの通常の思考レベルが低空飛行なのか痛感しましたよね、、、。

思考レベルの次元が低すぎで、申し訳ないくらいです。低空飛行どころか、ほとんどの人が離陸すらできていない。それなのに、

・成功したい、、、
・方法論が、、、

って、もう箸にも棒にもかからないレベル。

凡人のレベルの低さがわかったでしょう。狭い業界で少し結果を出したからといって、井の中の蛙になっているのがわかったでしょう。

世界最高レベルは、あのレベルの思考なのです!

世界一のエンジニアのお話しを「生」で聞けた方はラッキーでしたね。あれ、収録したビデオを観ても、あれほどの感動は沸きませんよ!

私の手帳には、今後ご講演をお願いしようと目論んでいるホンモノ・リストがあります。この方々に順次コンタクトを取っていきます。

先日、空手を長年やっている人がこんなことをおっしゃっていました。

長年習っていた流派を変えて、極真空手に入って、創始者の大山倍達氏に組み手をしてもらったことがあるのだそうです。

そのとき痛感したことは、「二流の師匠に10年教えてもらうよりも、超一流の師匠に3ヶ月教えてもらった方がよっぽど上達する」と。

ホンモノに触れないで、ニセモノばっかりに触れているから、結局ニセモノの二番煎じにしかなれない、ということなのです。

私がホンモノかどうかは、ひとまずここでは置いておいて、、、。(^0^;)

こうご期待。

古市幸雄

ページトップへ戻る