教材のご紹介

「1日+5%」を続けなさい!

「1日+5%」を続けなさい!

商品名

「1日+5%」を続けなさい!
〜 デキる人とデキない人の違い

内容

CD2枚組(1時間31分)

教材のご説明

+5%とは?

「+5%の労力を使えばミスを防げたのに、、、」

ここ3ヶ月くらいの間に、こう思うことがたくさんありました。

  • 某宅配業者は冷蔵便を常温便で発送してフルーツを台無しに
  • 某取引先は1つの案件でミスを2回もしました
  • 某依頼先は1で済む作業が10倍にも増えて取引は成立せず

あなたも経験からわかることだと思いますが、スムーズに進めば1の時間と労力で済んだのに、ミスをしたために5倍も10倍もかかるということを。

その上、取引先や関係者に余計なご足労をかけることになります。

強めに言うと、ミスを連発する輩は迷惑な時間泥棒です。そして”Time is money.”なので、カネ泥棒でもあります。

本来の仕事はたった4割?

Mr.GT-Rの水野和敏さんは、ご講演でこうおっしゃいました。

  • 仕事の6割は手戻りと手直し
  • 本当の仕事は4割だけ

要は、あなたが1日8時間労働をするとして、本来やるべき仕事には4割の時間(3時間ほど)しか使ってません。では、残り6割(5時間)は?

ミスの尻拭い、またはやり直しです。

このミスを激減させると、パフォーマンスが上がって、あっという間にデキる人になります。

当たり前です。他の人が10のうち本来の仕事は4しか処理できていないのに、あなたはほぼ10の仕事をこなせるからです。

負のサイクルに?

ミスをすると、ほとんどの場合、上司や取引先から怒られます。すると、焦ります。(^0^;)

そして、そのミスの処理に何倍もの時間と労力を割く必要があります(1の労力で済んだ作業が5倍にも10倍にもなる)。

すると、本来やるべき仕事が滞ります。

また焦ります。(^0^;) 焦って処理をすると、またミスをする確率が上がります。

仕事がデキない人の特徴は、ミスをする → 焦る → ミスの処理をする → 本来の業務が滞る → 焦る → 次のミスをする。

この負のサイクルに陥ります。この負のサイクルから何年も抜け出せない人 = 仕事がデキない人です。

デキる人は仕事が早いワケではない!?

手前味噌ですが、私は仕事が早い方です。だけど、この「早い」を「処理スピードが速い」と勘違いをしている人が多いです。

でも、よく考えてください。他の人が1通のメールの返信に5分かけるときに、私は30秒で終わらせられると思いますか?

そんなはずありません。では、どうして古市は仕事が早いのでしょうか?

  • +5%の労力を使ってミスの防止

をしているとしたら、、、。

本来の仕事は4割だけ、残り6割はミスの対応に使われているのですよね。

ミスがなくなるということは、この残りの6割も本来の仕事に使えると言うことです。これが処理スピードの速さのミソなのです。

どちらが仕事ができるかは一目瞭然!?

下記の図を見てください。デキない人とデキる人の処理できる仕事量の違いです。

デキない人は10のうち本来の仕事は4だけで、残り6はミスの処理 or やり直しに使われています。1日目の本来の仕事の処理4、同様に2日目、3日目とこなし、3日間の仕事の処理量は12です。

一方、デキる人はミスなく仕事をこなしていきますから、3日で30の仕事を処理できます。

先ほど申し上げました。違いを生むのは処理スピードの違いではなく、ミスをするか、しないかの違いです。

これが1年、5年、10年と繰り返されると、天と地ほどの違いが出ると思いませんか?

ですから、この教材では+5%の労力を使ってミスを防ぎましょう。そうすれば、「労せずしてライバルを出し抜けます」というご提案です。

仕組み作りとは?

ミスの予防のほかに、自動システムの構築が大切です。要は仕事がミスなくスムーズに運ぶように仕組み作りをするということです。

仕組みや自動システムは、一度作ってしまえば、繰り返し使えます。メールなどのテンプレートがその代表です。自動で処理してくれるものもあります。

  • デキない人:目先のタスクばかりを処理をしている(そして、ミスもする)
  • デキる人:仕組み作りに時間と労力を割いている(ミスがほどんどない)

古市がどうして社員ゼロで仕事をこなせているか? それは数々の仕組み作りをしているからです。

そもそも論として、デキない人には仕組み作りの発想がありません。だから、毎日ルーティンを繰り返して、これが仕事だと勘違いしているのです。

仕事はミス連発だけど、、、

仕事ではミス連発でサクサク仕事ができない人が、プライベートの目標達成ではサクサクとプロジェクトが前に進む!?

そんな幻想はあり得ません。同じ人間(の脳)がやっていることなので。

「仕事とプライベートは別」と信じている人がいたら、頭の中がお花畑です。(^0^;)

手前味噌ですが、私の場合、プライベートのプロジェクトが割とサクサク前進してきました。そして、今も前進しています。

ところが、愛すべき自己啓発オタクたちは、何年経ってもプロジェクトが前進していない人が多いようです。

  1. ミスを連発しているか
  2. そもそも(勇気がなくて)手を付けていないか
  3. 建前で目標を掲げているだけか

のどちらか1つとしか考えられません。

この教材に投資するベネフィット

この教材を聞いていただくと以下のことがわかります。

  • ミスを激減させる+5%のコツ
  • 万が一、ミスった際に相手(取引先)から怒られない秘技
  • 自動システムの構築のコツ

サンプル音声はこちら

  • CD版は返品・返金可の商品です(ダウンロード版は除く)。

(注)
新型コロナウイルスの関係で自宅の簡易スタジオで収録しました。上記のサンプルを聞いていただき、音のクオリティが気になる方はご注文をお控えください。

(注2)
普段の音声教材よりも声がかすれ気味です。気になる方は、ご購入をお控えください。

限定価格の〆切

  • 販売期間:2022年3月29日(火)午後3時までにお申し込みとご決済(お振込み)が完了したご注文分まで

「1日+5%」を続けなさい!

商品名

「1日+5%」を続けなさい!
〜 デキる人とデキない人の違い

価格

42,500円(DL版50,000円 15% OFF)
51,000円(CD版60,000円 15% OFF)

内容

CD2枚組(1時間31分)

ページトップへ戻る