教材のご紹介

クレージー「思考は現実化する」

商品名

クレージー「思考は現実化する」

内容

CD2枚組(1時間52分)

教材のご説明

お願いがあります。

この教材のレビューに

ご協力いただけませんか?

その昔、今みたいに自己啓発教材は一般的ではありませんでした。ナポレオン・ヒル博士の書籍だって、一般の人にも読まれるようになったのは、今から30年〜40年前だと思います。

当時、英語を学習していた女性(弊社で英語の講師をしていただいていた方)に聞いたことがあります。今と違って英語の教材は非常に高価だったみたいです。テープ20巻で20万円とか(当時の物価で)。

これと同じように、自己啓発がまだ一般的になっていなかった当時は、自己啓発教材もべらぼうに高価だったみたいです(年収の半年分に相当とか)。

ちなみに、昭和35年に最初に登場した21インチ国産カラーテレビの価格が52万円。現在の価値だと984万円だったそうです(高卒公務員の初任給ベースで試算)。今の平均年収の約2倍。テレビの小売価格の推移』を参照。

一見、ふざけた映画だが、、、

自己啓発教材があまりに高価だったので、当時のイケイケ経営者が、密かに愛用していた安価な自己投資がありました。

あまり知られていないのですけど、それは某日本映画シリーズなのです。ちなみに、任侠映画ではありません。映画1本分の自己投資と思えば安いですよね。今の感覚なら1回観て1,800円、10回観ても2万円もしない。

レンタルビデオが普及した現代、7泊8日でたった130円(税込み)。こんな激安な自己投資ってある!? 私たちは本当に恵まれています。

しかし、現在50歳代より年下の人はほとんど観たことがないです(テレビで放送されることもありません)。仮に、観たことがあるとしても自己啓発のメッセージが入っているとは思わないでしょう。

正直、この教材を作るかどうか相当迷いました。日本映画ですから、外国映画のようにそれほど解説が必要だとは思えなかったからです。基本的に観たらわかるので、、、。

しかし、映画の内容を把握することと、監督のメッセージが視聴者に伝わるかはまったく別の話。その証拠に、教材『マトリックス & The Matrix』では、こんなレビューをいただきました。

「『マトリックス』の映画を初めて観たのは高校生の時でしょうか。しかも映画館ではなく、TVで放映されたものを。初めは意味が分かりませんでした。

働き始めて、もう一度見て意味が分かりました。そして今回の教材を聞きました。意味が分かっていませんでした(苦笑)。」S.Y.様 男性

この映画を繰り返し観るメリットは?

あなたが小さい頃、周りの大人で参考になる人はいましたか? かっこいい表現をすると「成功モデル」です。あなたが「こんな人になりたい」と思う人のこと。

おそらく皆無だったはず。少なくとも、私の周りには一人もいませんでした。では、社会人になってからはどうでしょうか?

やっぱり、周りを見回しても継続的に勉強している人や、参考になる人はほとんどいないのではないでしょうか。私の場合、周りの大人を反面教師にしてきました。

しかし、理想はあなたが「こんな人になりたい」と思う人をモデリングするのが一番いい。モデリングとは、マネることです。

同じ言動にすればいいのですから、難しいことはひとつもありません。周囲にモデリングできる人が不在なら、この映画の主人公をモデリングすればいいのです。

一部は非現実的なことがありますけど、もう一度書きますね。昔のイケイケ経営者は、これを繰り返し観て成功しました。

彼らが愛用した安価な自己啓発学習と同じことを、あなたがやったら、どうなると思いますか? やって損はないですよね。映画1本のレンタル料が、たった130円(税込み)なのですよ。

監督が伝えたかったメッセージとは?

「あなたには、夢や目標を達成するために○○が○○している」(これでは、なんだかわからないですよね)

このことを伝えたくて、監督はこの映画シリーズを作ったようです。このメッセージが、あなたに届くかどうか、、、。もし、届いたら、ご自身に対するセルフイメージが相当変わるはずです。

私事ですが、このメッセージに従って英語で勉強本を書き出しています。「勉強のやり方に困っているのは日本人だけではない」という当たり前のことにやっと気がつきました。

現在、WORDで約40ページ分は書きましたので、全体の8割くらいは書き終えました。読書が不得意な人が読者対象なので、当初は書籍で100ページ相当(WORDで約50ページ)で十分かなと。Kindle版で2019年中に出版する予定です。

アメリカで英作文のクラスを2つ履修したとはいえ、英語での執筆には100%の自信がないので、校正・編集はMBA留学時代のアメリカ人の同級生にお願いをしています。m(__)m

かっこいい表現をすると、「英語がある程度できるなら、英語圏の方々にも勉強法で貢献ができないかな」と。近藤麻理恵(コンマリ)さんが、片付けで世界的に貢献しているのに刺激を受けまして。(^0^;)

先日、韓国版の『「1日30分」を続けなさい!』が新装版になって発売されたようですし(実は、拙著は韓国・台湾でもベストセラーにしていただきました)。中国語版も出ています。

ダイエット食品との共通点とは?

例えば、太りすぎの人がいるとします。もしかしたら、あなたも少し体重オーバーかもしれません(苦笑)。そもそも論として、どうして体重が増えたのでしょうか?

答:食べ過ぎだから。(^0^;)

では、食べ過ぎの人が痩せるにはどうすればいいのでしょうか?

答:食べなければいい。← 太った原因の反対のことをするだけ

それなのに、サプリメントなどを口にするのは、もっとカロリーを体内に入れることになるので、論理的に考えたら矛盾していますよね。

だけど、ダイエット食品に手を出している人のほとんどが、こんなシンプルなことにさえ気がついていません。

実は、自己啓発系やお金儲け系の商品・サービスもこれと同じです(私のビジネスもこのカテゴリに入るかも、、、)。

  • これを受講したら夢が叶う
  • これ聞いたらお金持ちになる

それって本当なのでしょうか?

「これをしないと、あなたの夢や目標は実現しない」というメッセージが含まれているのが共通点です。もう一度伺います。

本当にそうなのでしょうか?

この問に、今回の教材では答えました。

そこで、お願いがあります。

レビューの投稿にご協力をお願いします。当然、お客様にただ働きをしていただくというわけではありません

レビューを採用させていただいた方すべての方に、弊社で使えるポイントを付与しています。フリーライターと呼ばれる方々の原稿料の半分くらいです(プロではない方にお願いするので、そこそこいいでしょう)。

今回、先着5名様のレビューをポイントを1.5倍にさせていただきます(6名様以降は通常のポイント付与)。ポイントの詳細はこちら

「思考は現実化する」に関する重要なメッセージが含まれています。だから、ぜひ観ていただきたい。だけど、観ただけでは監督のメッセージがほとんど伝わらないので、この教材を作りました。

正直、出来がいい教材ではありません(シングルヒットくらいかな)。だから、最近の古市の教材と比較してバーゲン価格にしています。(^0^;)

ダメだ、、、。教材が作った本人が教材の説明文を書くと、どうしても売り込みになってしまう、、、。(^0^;)

ぜひ、レビューにご協力いただき、ぜひ別の角度からクレージーな「思考は現実化する」のお手伝いをお願いします。m(__)m

ちなみに、私が利用しているサービスを提供している会社から先日、「弊社のサービスのご利用者としてインタビューをさせて欲しい」というリクエストがありました。

しかし、どうもただ働きのようだったので丁重にお断りしました(その会社の宣伝として使うのに、出演料ゼロってね、、、。インタビューをする社員もお給料をもらってやっているはずなのに)。

私はそんなことはいたしません。σ(^◇^;) 通販生活のようにご利用者のレビューとしてホームページなどで使わせてもらっているのですから、ただ働きではありません。

お客様のレビュー:

すべての方に聴いてもらいたい

「①主人公がどのようにして目標を達成していく過程を古市さんが細かく解説しています。主人公の思考、行動については自分の周りにはほとんどの方ができてないのが現状です。②○○映画を作った背景、主役の人間性とこの映画の出演に対する葛藤が紹介されております。

③【重要】古市さんがこの映画から数々の情報を基に今後の自分の在り方および時間の使い方をお話ししております。

この部分を聞くだけでもかなり参考になります。他の教材と同様に繰り返し聴いて頭にイメージ映像を焼き付けていくことをおすすめします。

④【対象者】すべての方に聴いてもらいたいです。今回の発売時期と価格を考えると、これから勉強したり仕事をしてがんばっていこうと思われている方に古市さんが大盤振る舞いしたと考えられます。

古市さんのあたたかいメッセージが込められてます。素晴らしい教材を作っていただきありがとうございます」 N.S.様 男性

「なるほど!」と納得

「映画のタイトルを聞いた時、なるほど!と思いました。この映画を普通の人が見たら、ただ笑って終わるだけだと思います。

自己啓発オタクが見たら、監督が何を言いたいのかなんとなくわかると思います。ただこの教材を聞いてから見れば、行動が変わると思います。

目標を決めて、それを達成する為にすぐに行動をする! この映画を見れば、その重要さがよく分かると思います。ただ分かっている人は、たくさんいるんですよね(苦笑)

この映画の主人公の行動パターンをしっかり観察してみてください。そして全く同じことをやってみてください。絶対に変われますよ(笑) マトリックスに続き、この映画シリーズは良いですね!」S.Y.様 男性

非現実的な内容と勝手に想像

「拝啓、今回も分かりやすく深い教材を提供していただいて、ありがとうございます。

この教材で紹介されている映画の名前は知っていましたが、見たことはありませんでした。ただの娯楽映画で、非現実的なものだろうと、勝手に想像していました。

でも自己啓発になる内容の映画で、昔の経営者達がよく見ていたとは、驚きです。そのことを教えていただいただけでも大変な収穫でした。

そして古市先生の分かりやすく親しみやすい口調ですので、すんなりと頭に入ってきました。このシリーズ、絶対に見ます。

そしてこの教材も繰り返し聞いて、今後の思考、生き方に活かしていきたいです。ありがとうございました。敬具」J.K.様 男性

あの映画が自己啓発に繋がるなんて!?

「まさかと驚いて、なるほどと頷いて、やられたと納得させられます。そして、いい気になっていたと反省もさせられました。

いい教材です。最近のハイブランド教材になれたかには、おっ、安いと感じることでしょう。でも、深いです。今まで学んできたことが一段深くなると思います。

私はこの映画をリアルタイムで見た世代です。HPの新作教材の案内を見て、すぐに注文しました。

音源だけで十分かなと思いましたが、聴き終わって早速DVDを注文しました。きっと、違う映画を見るように、もう一度新作として楽しめそうです。

近作の思考は現実化するのシリーズを聞いた方は、ぜひ、このシリーズを聞いてみてください。

古市さんの語り口はいつものように丁寧で、2時間程度のものですが、自分の学びがどのステージにあるのか確認ができます。

今まで、たくさんの古市イズムにあふれた教材に触れてきました。このレビューを読む方がいるとすれば、ほとんどの方は何かの形で古市イズムに触れたことがあるはずです。

教材で学習していくに連れて、やり方がわかり、考え方がわかり、手順も理解していく。初めて古市イズムに触れてからどれだけの変化をしてきましたか。

もう十分に変化を遂げて、古市教は学び切ったと思いますか。そういう人こそ、ぜひこの教材を聞いてみてください。

学び切ったと感じ初めた時こそ、本当の意味を理解して次のステップを上がるタイミングになっていることが多いものです。

学びは十分と思っているからこそ、やはり繰り返し学ぶことが重要なのだと、大きく理解を深めることが出来るものです。

私はこの教材で、いい気になり始めていた自分がいることに気づかせてもらいました。今回やっと、情報を知ったその瞬間にアクションにつなげることができました。

学びは前倒しとか、先送りグセを改めようとか、もちろん色々知っていました。知っていてできないことは、知らないよりもタチが悪い。まさにその通りでした。

古市先生、素晴らしい教材をありがとうございます。具体的なことに触れておらず、教材のレクチャーとしては(私のレビューは)不出来です。

それでも、素早くアクションをすることの実行とします。感謝をお伝えしたくお送りします。ありがとうございました」 E.S.様 男性

この映画のことか!

「思考を現実化させるためにはクレージーになる必要がある?という命題が気になり、今回の教材を購入しました。

某日本映画のもつ自己啓発メッセージの謎は、ダウンロード直前のファイル名を目にした瞬時に、この映画のことか!とわかりました。

誰もが知るあの曲に、あの○○のストーリー、何事もまず○○を吐くことから始めるべしという想像だけは働きました。

教材を聴く前の段階では、確かにそういう目で映画を視ると自己実現のための重要なメッセージが込められているかもしれない・・と思いました。

結果として、古市さんによる丁寧な映画解説(監督の制作背景、メッセージ性)と思考の現実化へ向けた総括的な解説はいつもながら納得です。小山社長の言う、まず○○から始める○○サイクルは、まさにこの映画で表現されていると思います。

子どもの頃を思い起こしてみれば、ほとんど誰しもが細かい計画や思考は二の次・三の次ぎで何よりも○○から始まっていたはずです。

自分自身、追い込みの仕事があるここ数カ月、余計な思考・雑念・感情をすべて取り除いて○○することが肝要であって、格好つけてActionすること(※英語の先生を前に○○とActionの遣い方が自己流解釈?ですみません)ばかり考えるから少しも進展せずに失敗に終わってしまうのだと強く思っている毎日です。

『重い腰を上げる』という表現がありますが、これもまた思考が先ではなく○○から始めることを示した言い得て妙なる言葉ですし、武道や芸道などの諸道の習得に欠かせない形稽古もまた、 余計な思考・雑念・感情を除いて身体で覚えていくことが先に行われるべき行為であることを示している例でしょう。

なお、このことは解説の中で紹介されていたプロテニスの大坂なおみ選手のエピソードとまったく同じことだと思っています。

もちろん、目標を持って邁進するには、覚悟と強い意志をもって日々継続していくことが極めて重要なのは言うまでもありません。

それが出来ないから・・という方のために、『困難の分割』(『エグゼクティブ・メルマガ』でも引用紹介されていました)を理論的に書いた教材『1日30分を続けなさい』があるはずです。

映画の主人公とまではいきませんが、今日もまた、誰にもマネの出来ない仕事を仕上げるべく、明るく前進して参ります!! 仕事の合間によい刺激となりましたこと、感謝申し上げます」 K.M.様 男性

美術館のイヤホンガイドのよう

「多くの人は、目標達成したいと言いながら、『あれをやってから』と手を付けるべきことを後回しにしてしまいます。何年たっても目標達成しない、多くの場合は『行動していない』だけです。

手を付けるべきことに全力で取り組めば、最短で目標達成できる、まさにこれが『思考は実現化する』のだと改めて理解できました。

私も恥ずかしながら後回しにしていることがあり、これをきっかけに早速行動計画を作成し、1つ実践しました。

私は30代ですがこの映画を見たことがなく、存在すら知りませんでした。あらすじを聞いて、主人公の『クレージー』な行動に何度も笑いました。主人公は○○と確信しており、ある意味『バカ』です。

ただ、古市先生が『「思考は現実化する」を科学する』の中で『バカとは、同じことを繰り返しているのに、今までとは違う結果を望むことだ』と仰っている『何も努力しないバカ』とは全く違います。

主人公はカッコ悪くても、周囲から変人扱いされても全力で取り組むことで、次々と目標達成します。

映画なので現実ではあり得ない設定も一部ありますが、『思考は実現化する』具体例としてとても分かりやすいと思いました。

まだ映画を観ていませんが、単に観ただけでは『面白かった』で終わっていたと思います。

マトリックス & The Matrix あなたの思い込みは現実化する』でも、面白い映画として記憶に残っていましたが、監督の意図は理解できていませんでした。

今回も古市流の解説によって作品から自己啓発のエッセンスを理解できました。いつもながら脱帽です。

これは美術館のイヤホンガイドによって作品を深く理解できるのと似ています。今後もこのような作品解説教材を楽しみにしています。

他の方のレビューにもありますが本教材は最近の教材よりも一桁安い価格設定です。価格設定を間違えたのかな、と一瞬思いました(笑)。でもクオリティは全く他の教材に引けを取らないものです。

聞いて終わりではなく、行動するきっかけとして何度も聞こうと思います。いつも示唆に多く含む教材をありがとうございます」 H.S.様 男性

不可能を可能にするモデルケース

「成功する人間を細部までモデリングするとどんな人間なのか? そんな人間の輝くセンスをぎっしりと詰めて紹介解説した内容がこの教材になっていると思います。

私が感銘を受けた内容として大きく3つあります。

その1、思考が全てだということ。確かに自分自身の過去を振り返ると思ってきている通りになって来ています。先生の解説中は冷や汗でした。

その2、私達には○○いるということ。これには強烈なアッパーカットを喰らいました。膝から落ちて綺麗にダウンしたのに、何故か今まで以上に力強く立ち上がって蘇れた気分です。

その考えがベースにあってスタートにしなければ、私達は間違った方向に向かってしまうと気付けました。

3、実現への遠回りの生き方も教えてくれています。確かにその考え方って一般的だよねと。私達は自分で考えずにステレオタイプになってしまっているのも気付くことが出来ます。

思考は現実化するを解説する』を聞いてノウハウは知って落ち着いてしまっていた私に、別の角度からの示唆で、夢を叶える人間て具体的にはこういう生き方なんだけれどもあなたならどうする? と再帰と再考を促してくれる教材でした。

ただ現実を見ないで『バカ』とも思われてもしょうがない主人公は、危険な生き方と考えてしまいましたが、実は考えていないようで自分なりに考えてあのサイクルを愚直にやっていたのですね。

不可能を可能にする人間の良きモデルを教えて頂きました。自分達の周りにもいますよね、○○歩き回っている人。しかしそれもその人の計算の内なのかと思うと、うかうかしてはしてはいられないと思いました。

紹介されている映画のシリーズは早速観てみようと思います。今回の教材に自信がないと仰る先生の意図が全く分かりませんが私にとってはバイブルです。

何度も聴こうと思います。私にとっては不朽の名作です。 古市先生今回も愛情の込もった教材を提供して下さりどうもありがとうございました」 D.M.様 男性

成功モデルを見習いたい

「今回の教材を通して古き良き時代の良い男の姿を学ぶことができ、経営者の成功哲学を楽しく学ぶことができました。まさに男はこうでなくっちゃいかん、と思い知らされる内容でした。

景気が回復する兆しが見えない昨今、こじんまり小さくまとまろうとしている男が増えている今の時代にこそ、改めて観るべき映画がこの教材の中で示されています。

『ヨッシャ、○○』まさに痛快男子!これぞ出世男!

そんな気概を持った男にこそ人が寄ってきて集まり、世の中や人々を引っ張っていくリーダーとなって、社会的に成功するのであります。

時代はいつも、このような魅力的な男の出現を待っています。この具体的に示された成功モデルの主人公を見習って、自分も前向きに生きていこうと思います。

古市先生、成功する男のモデルと解説を教えて頂き、ありがとうございました!」 T.S.様 男性

足りないのは実行に移す勇気だけ

「久しぶりに教材を買わせていただきました。この映画は存在すら知らず、○○も名前を聞いたことがある、といった程度でした。

さらにこんなバカげたタイトルと内容の邦画にまさかこのような隠された意図が盛り込まれているとは全く想像すらできませんでした。

音声を聞かせていただいて痛感したのが、音声中でも指摘されていましたが、私も随分生真面目に小さくまとまってしまったな、と思います。

子供を見ていると分かるのですが、世間を知らない子供は発想も自由で、なりたい職業もたくさん出てきて、可能性に満ち触れています。

その一方で、自分は現実的と言えば聞こえはいいのですが、勝手に自身の思考にガラスの天井を張り、自ら発想を小さくする制約を掛けているような気がします。そう、この主人公の様に、○○いないのです。

いま日本を代表する大企業はどこも、創業者の壮大な○○から始まっています。創業者が○○とも言える構想を描き、信じ続けたからこそ思考が現実化した結果です。

実現の前に、まずは○○ありきなのです。そして○○ほど良い。渡邉社長の言う通りです。以前の古市さんの音声でも述べられていましたが、他人が笑うくらいの○○がちょうど良いのでしょうね。

最初に○○。そのあとはそれを実現するまでやり続ける。計画を立てるのは後でもよい。

まずはこの映画の主人公の様に、○○から始める。それでうまくいかなければ徐々に軌道修正すればよい。これこそPDCAならぬ、○○のサイクルですね。

個人の場合は、企業の事業計画の様に失敗すれば多大な金銭損失があるわけでもない。まずは行動し、そして周囲の反応を見て、徐々に軌道修正をしてゆけばよい。

私たちの人生は一回きりですし、時間も限られています。準備ばかりに時間を取られて、本番に回す時間が無くなるようでは本末転倒です。

教材でも述べられていますが、私たちは○○いるのです。足りないのは、それを実現に移す勇気だけ。

練習や勉強は、本番と比べて楽です。なにも失うものがありませんから。しかし、それと同時に何も得るものもないのです。だったら、この主人公の様に、先に行動して成果を最短で回収していった方が良いですね。

PDCAサイクルを○○から始まるサイクルに変えるだけで、実現のための時間は短くなるし、実際に実現する可能性も大きくなるのではないかと思います。

もし、実行中にスキルの不足があれば、その都度身につけていけば良い。それよりも準備に時間をかけすぎることで、機会を逃しているのかもしれません。

私も最近は勉強を口実に、準備活動に時間を割きすぎていたように思います。明日からは早速、現場での行動に軸足を移し、スキルが足りない事態になれば、その時初めて訓練や勉強をしていきます。

私も知らずのうちに、お利口に小さくまとまってしまっており、○○どころか、将来に対する構想図を作成するのを怠っていました。

この音声は自身に大きな構想図を描かせる、よい刺激になったと思います。早速明日から日々の行動を変えていこうと思います」 K.S.様 男性

サンプル音声はこちら

限定価格の条件:

  • 2019年4月26日(金)午後3時までに、ご注文とお振込(またはクレジットカード決済)が完了

商品名

クレージー「思考は現実化する」

価格

27,500円(DL版15%OFF 32,400円
36,700円(CD版15%OFF 43,200円

内容

CD2枚組(1時間52分)

ページトップへ戻る