古市幸雄BLOG古市幸雄BLOG

ひとりごと

正直申し上げます。私は10年ビジネスをやってきて、一番いかがわしい業界が英語・英会話業界と美容・ダイエット業界と言えます。消費者に高額のクレジットカード決済をさせてトラブルのも同業界です。観察しているとよくわかるのですが、一番売れているのが、「かも商品・サービス」です。
「かも商品・サービス」というのは、「英会話がうまくなるかも」「若返るかも」「ダイエットできるかも」という「〜かも」という消費者に思わせる商品・サービスです。そして、共通しているのが「ラクして簡単に」。
・「聞き流すだけで簡単に英会話がペラペラに」
・「この化粧液を朝晩塗るだけで10歳若返る」
・「これを飲むだけで10キロやせる」
などです。当然、効果はほとんどありません。別の言い方をすると、効果が出ない商品・サービスを平気な顔をして提供している業界です。でも、業界側を一方的に批判するのは賛成できません。なぜならば、消費者側にも責任があるからです。
「英語が上手くなりたい」「若々しくいたい」「やせたい」という欲求は、要は、「自分を変えたい」という欲求なのです。「コンプレックスを解消したい」という欲求と表現してもいいでしょう。
「自分を変えたい」なら、努力をすればいいのです。時間を投資して英語の勉強をすればいいのです。お肌に悪影響を及ぼすような、暴飲暴食、睡眠不足、喫煙をやめればいいのです。やせたいのなら、食べる量を減らせばいいだけなのです。
しかし、あまりに甘やかされて育った現代人は、「自分を変えたいけれど、努力はしたくない」と考えるようになりました。原理原則で考えたら、絶対に無理なのです。この矛盾した欲求を満たすのが、この「かも商品・サービス」なのです。
そして「努力はお金で買える」と勘違いした消費者が、薄々効果がないとわかっていながら次から次へと購入するので、この「かも商品・サービス」は業者にとってはオイシイ商品・サービスなのです。
私の書籍や教材を使っていただいた方ならおわかりになると思います。一貫しているのは、「20代から現在までの間に、古市本人が自分を変えてきた過程で、いい成果が出たことだけを、同じ悩みを抱えている方々にノウハウを提供する」ということです。
勉強や英語のコンプレックスを解消したノウハウを書いたのが、『「1日30分」を続けなさい!』です。正しい英語の発音が出来ないコンプレックスを解消したノウハウを提供しているのが、英語発音コースです。ダサい格好しかしていなかった自分を変えたプロセスのノウハウを提供しているのが、一連のファッションセミナーDVDです。
私が自分の商売を始めるときに誓ったこと、それは、、、
・「自分でやってみて成果が出たことしか提供しない」
・「かも商品・サービス」は、絶対に提供しない
ということです。これを誓った段階で、売上げ的には「かも商品・サービス」を提供する会社に比べて数百分の一のレベルでしょうが、それでいいと思っています。
自分の子どもが大きくなったときに、「父親は効果が出ない商品・サービスを嘘をついて売っていた」と言われたくはありません。子どもの教育にもよくありません。
手前味噌ですが、私が提供している商品・サービスは、必ず成果が出ると自負しています。しかし、成果が出ない人もいらっしゃいます。それは、私の商品・サービスは「ラクして簡単に」系ではないので、継続が必要です。時間も取られます。
当初は、「絶対に自分を変えるんだ」という意気込みの方でも、時間が経つにつれて、原理原則を忘れて「ラクして簡単に」に流れていきます。
あるとき、ふと勉強が途切れます。それが2〜3日続きます。するとあれだけ誓っていたのに、継続が途切れます。そして、成果が出ないと文句を言い出すのです。
「あなたは、本当に自分を変えたいのですか?」
「はい」の方は、原理原則に従って継続してください。改善や勉強の方向性が間違っておらず、かつある程度の時間をインプットすれば、必ず成果が出ます。
「いいえ」の方は、コンプレックスを解消しようとせずに、今の自分を丸ごと受け入れてください。受け入れられない、でも努力はしたくないという人が「かも商品・サービス」に手を出してしまうのです。
ある意味、私もあなたとまったく同じでした。世間知らずの大学生でした。ダメな社会人生活のスタートでした。でも、20代半ばにダメな自分にサヨナラすることを誓いました。継続をした結果、約20年後の今の自分があります。
要は、自分次第ということです。
ちなみに、おそらく業界の人たちは、「”かも”商品・サービスではなく、”カモ”商品・サービス」と言うかもしれません。「カモる」のカモです。

2012.09.30

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る