古市幸雄BLOG古市幸雄BLOG

ひとりごと

明日のメルマガでもお知らせする予定ですが、『運を引き寄せるアクション・マニュアル』のダウンロード版のご提供を開始します。正規価格は4,500円で提供する予定ですが、今回新規リリースキャンペーン価格の3,800円でご提供をします。キャンペーン期間は、6月24日正午以降から7月4日の午後3時までです。
東日本大震災が発生し、今私たちは時代の大きな転換期にいます。今までの考え方を捨てて、個人が変わらなければいけない時がきました。約70年前に敗戦という大きな時代の節目に、帝国主義的な考え方から民主主義的な考え方に変わらなければいけなかったときと非常に似ています。
その最初のきっかけとして、『運を引き寄せるアクション・マニュアル』をまだ聞いてない方は、ぜひお聞きください。最初は小さなきっかけですが、数年後に大きな変化として現れます。「変わらなければいけない」、これが今回のリリースでお伝えしたいことです。
なお、このDL版の収益は、義援金として寄付させていただきます(クレジットカード手数料などを除いた残金)。特に、自己啓発は初めてという方々にお勧めです。なおダウンロード版になりますので、返金不可になります。ご了承ください。

2011.06.24

ひとりごと

資産は簿価ベースで約7億円」とあるが、実際の資産価値は半分程度でしょうか。
例えば、100万円の大型冷蔵庫(固定資産)。帳簿上には数回の減価償却後に資産60万円と記載されていても、廃業時に売却するときには二束三文。例えば、12万円でしか引き取ってもらえないとする。すると、帳簿上の60万円の1/5の値段でしか売れない。こうすると、帳簿上の資産も、本当の会社の資産を表していない。何のための数字なのだか、、、。
ちなみに、我が社はこのような機材の固定資産はほどんどない。その大半が、銀行預金などの流動資産。ですから、帳簿上に1千万円とあれば、1千万円の価値の資産はある。

2011.06.15

ひとりごと

ブラジル中銀、0.25%利上げ』金利が12.25%に。0.数パーセントの日本の金利とは大違いです。しかし、物価上昇率が6.55%だそうです。1年で物価が6.5%も上がるのは凄いぞ。150円のペットボトルが1年で160円に値上げ、10万円の家賃が10.6万円に値上げされるような感じ。
ユーロ圏では『物価高の賃金への波及警戒 欧州中銀、7月利上げ示唆』物価上昇率が2.7%だそうです。経済危機を一時的に脱するために通貨をジャブジャブ刷ったツケが、ついに来たか!? 物価を抑えるために利上げすると、景気はどうなるでしょうか?
さて、最大の問題はアメリカ物価動向と金利だ。アメリカは物価が数倍になってもおかしくない状況になっている。『震災後の大恐慌対策DVD』で勉強していただいた方は、わかるはず。

2011.06.09

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る